2001年のダメ投稿


1997年 − 1998年 − 1999年 − 2000年 − 戻る − トップページ 


かにカニ大行進

トーストさん
2001/11/24

 その日、私は実家の最寄りの駅のみどりの窓口に赴き、東京までの切符を買い求めた。

「すいません、今日の夕方の京都までの特急と、京都から東京までの新幹線、空席はありますか」
「うーん、特急は満席ですねえ」
「ああ、今日は祝日だから混んでるんですか。他の便でもいいんですけど」
「あ、祝日の臨時便がありますよ。京阪神から兵庫の香住にカニ食べに行く行楽列車の帰りの便でね、ちょっと車内が賑やかかもしれないけど、これなら席が空いてますよ」
「へえ、そんな臨時が出てたんですか」
「そう、かにカニ香住号」
「……ええと。かにカニ、ですか」
「うん、かにカニ」

 まさかJRの窓口で、駅員とかにカニ言うとは思わなかった。そんな、最初のかにが平仮名で次のカニが片仮名の、妙な名前の列車に乗るのは気が進まなかったけれど、それしか空いてないんだから仕方ない。そもそも満席で乗れなかった特急だって、エクスプローラーだとかディスカバリーだとかいう名前だったのだ。JR西日本よ、切符買う時恥ずかしいからもうちょっとなんとかして。

 ちなみにかにカニ香住号の網棚には、予想通り発泡スチロールのトロ箱がずらりと並んでおりました。

 しおシオ赤穂号なんてのもあったらヤですね。

モケッ

みやこさん
2001/11/15

 普段、私たちは略語を多用している。なぜなら、略語は短くて便利だから。大韓民国は韓国、中華民国は台湾、朝鮮民主主義人民共和国は北朝鮮。ユナイテッドステイツオブアメリカは、アメリカもしくはユーエス。
 常々、これは違うのではないか、と思っていた略語がある。「ポッケ」と、「ヤッケ」である。お魚のホッケや小さなバイキングのビッケについては、それが正式名称なので仕方がないが、「ポッケ」は「Pocket」の略であり、「ヤッケ」は「Jacket」の略であると思われる。この二つの英語のつづりを日本語式にそのまま発音すると「ポッケト」「ジャッケト」になるので、略語的には正しい発音だが、略語的に正しい発音をしようとすると、日本語における本物の単語が正しくなくなる。「ポッケト」なんて聞いたことない。
 日本語発音においては、「ポケット」「ジャケット」が正しいのである。従って、この二つにおける正しい略語は「ポケッ」と、「ヤケッ」ということになる。なんだかとても言いにくいが、少し例を出して正してみよう。
 ♪みんなみんなみーんな かなえてくれる、不思議な「ポケッ 」でかなえてくーれーるー
 ♪そーらを自由に、とーびたーいなー……「はいポケッ 」♪
 ちなみに、これはドラえもんセルフサービスバージョンである。ポケットの中から好きなものを選ばせてくれるのだ。しかし、他人にも関与しないので、泣きながらすがり付いてもあまり助けてはもらえない。
 次にヤッケである。渋谷109でお買い物をしている女子高生及び短大生の会話を想像して欲しい。
「あー、もう冬物の「ヤケッ 」出てるよー」
「マジー? あ、これ今月のエスカワ(S Cawaii!という雑誌名の略)に出てた「ヤケッ 」じゃん」
「もう寒いし、その「ヤケッ 」即買いじゃね?」
 あまり、女子高生や短大生に触れ合う機会がないので、今時の若者の言葉として正しいかどうか判らないが、このような会話が望ましい。正しい略語としては、ジャケットの略語は「ジャケ」ではないのである。「ジャケ」だと、紅色のジャケットは「紅ジャケ」、荒く巻かれたジャケットは「荒巻ジャケ」、汗かいてちょっとしょっぱくなっちまったな、というジャケットは「塩ジャケ」と呼ばれてしまう。食べ物のようなので、あまり好ましくない。
 ていうか、ポケットくらい、略さずに言えよ。一文字しか変わらねぇだろ。しかも、今時分ヤッケって何だよ、って人の方が多いだろ。実際彼氏も知らなかったよ。ジャケットのことだよ。でも、えいじろうで引いてみたら、ヤッケとはパーカーの事である、と結果が出たよ。
 ええ、どうせ私はハンガーの事、えもんかけと言いますよ。カメラの事、写真機と言いますよ。良いんです。こだわりはこだわりで。

 コピーに巻き込まれた紙を「蛇腹」と言って笑われたことがあります。

やりたいこと

yossyさん
2001/11/8

 一度でいいから、スーパーの試食で晩飯を済ませてみたい。
 箸と飯の入った茶碗をもって、スーパーの試食をおかずに夕餉をすませるのは、どんなに得した気分になるだろう。
 近所の大きなスーパーの食料品売り場は、この不景気の世の中にも関わらず、日曜日ともなると、豪勢な試食のオンパレードにあいなる。
 どこのスーパーでも、まず野菜から並んでいるが、試食の場合は逆回りがよかろう。ます、飲み物売り場の試食でジュースなぞをあさり喉を潤す。スーパーによっては酒を扱っているところもあるから、ここでビールやワインの試飲を楽しむのもよかろう。
 次に惣菜コーナーで天婦羅やから揚げなどを食う、次にハムコーナーでおばちゃんが実演販売している焼きたてのソーセージをつまむ。
 お次はメインディッシュの肉売り場。当世、牛はやばいので、豚肉のしょうが焼きで手に持った茶碗の飯を半分方かけこむ。次は鮮魚売り場へと移動。ここは、試食を置いていることが滅多にない。刺身なぞを試食に出しているスーパーなぞ、まあないだろう。しかし一応は確認し、ない場合は隣の練り物コーナーへと場を買える。ここでは蒲鉾や竹輪がよく試食に出ているから、まず食いっぱぐれることはない。ここで、残りの飯を粗方かけこむ。最後は野菜コーナーへ移動し、果物をデザートにすると良かろう。今の季節なら、たいがいみかんは出ている。羽振りのよいスーパーなら、りんごだってお目にかかれるだろう。
 まだ腹に余裕があるのなら、おやつコーナーへ戻ってプリンの試食なども狙ってみるとよい。もしプリンがなければ、パン売り場で新製品の菓子パンの試食に トライしてみるのも良いだろう。
 最後はまた飲み物売り場で、最初と同じ試飲でしめる。
 もし、本当にちゃれんじしたら、いったいどの売り場あたりで店員さんに叱られるだろうか?
 でも、死ぬ前に一度やってみたいなぁ。
 じじぃになったら、ボケた振りしてやってみてもいいかなぁ。
 あっ、今俺、ダイエットしてるんだっけ。
 こんなこと考えてる場合じゃないわ。
 ほんじゃ、さいなら。

 はい、さいなら。

突然思い出しました。

Raizzぅ〜さん
2001/10/24

 小学校の頃の話。
 いつ頃からあるのかは知りませんが、こんな遊びがなされていました。

 誰かに向かって突然「じゃーんけーん……○○○○!!?」と叫ぶのです。
 ○○○○には好きな言葉が入ります。
「首何本」とか「髪の毛何本」とかが定番だったかと思います。
 例えば「首何本?」でグー(0)を出すと「え〜! 首ないのぉ〜?」と馬鹿にされます。かなり一方的なゲームです。ちなみに正解はパー(5本)です。
 「髪の毛何本」などはもう何を選んでもだめです。最高でも5本しかもらえないんです。ひどい話です。
 まあ0と2と5の選択でどれがいいのかすら私には判断しかねます。
 0は言うまでもなく悲しいし、かと言って5本だけ髪のある頭というのも想像するとなかなか不気味です。
 やはり2本が1番かわいらしくていいかもしれません。

 こんなことはどうでもいいのです。

 さて。この定番の中に「エロ本何冊!?」というのがありました。
 私はたいてい、この遊びではやるよりやられるほうでした。
 しかも愚かなることに私は「テレフォン何冊」と聞き間違えていたのです。
 なんということでしょう。四大悲劇も真っ青。
 私はテレフォンは多いほうがいいと確信していました。

 友人「じゃーんけーん……エロ本何冊!?」
 友人「グー」
 私「パー」
 友人「あはははっ! エロ本5冊も持ってるよこいつ〜」
 私「ふふっ、いーでしょー」

 なんというかみ合ってない会話……。
 テレフォンの意味がわかってるくせにテレフォン何冊の表現のおかしさに気付いてないのです。
 私が真実に気付くのはかなりあと……卒業間近の頃でした。

 いやに長々と書いてしまいました。ごめんなさい。
 我が美しくない思い出の1つです。

 首五つというのもねえ。

私も困っています

同じ悩みを持つ青年さん
2001/10/18

 356回省略への希求を読んで、自分が中村さんと同じ悩みを持っていいることを知りました。
 それはインフォームド・コンセントのことです。かねてから日本の医療にインフォームド・コンセントが根づかないのは適当な省略語がないことが一因と思っていました。
 セクシャルハラスメントだと難しそうですが、「セクハラ」と呼べばぐっと身近な話題になりますよね。
 ところが、インフォームド・コンセントを「パソコン」などと同じように頭だけつないで省略すると「インコン」になってしまいます。
 いかにも語呂が悪く、青少年に悪影響がありそうです。かといって、「一般ピープル」を「ぱんぴー」というように中だけぬいてつなげると「ムドコン」になり、やはり語呂がよくありません。
 どうすればいいのでしょうか。

 まあしかし、無理やり省略せずとも短くする方法はあります。
「とても早口で言う」
 これをやればたとえ「西中島南方」でも短くできます。
 さあ、みんなで「インホー」あ。噛んだ。

山田君全部持ってって

うっちいさん
2001/10/17

 大相撲 結びの一番で横綱が格下力士に負ける。するといくつもの座布団が飛ぶ。
 くるくるー くるくるー くるくるーって感じで。
 あれはやっぱり
「何で負けんだよぉ。いい加減優勝してくれよぉ」
 みたいな気持ちの現れなんだろうか。
「すごいすごい」という喜びの感情表現なのかな?
 時々横綱が勝っても1個くらい座布団が飛んだりするが。
 格下力士はそれだけ人気がないということか?
 それとも勘違いなのか。
 在校生なのに「卒業生起立!」の声で立っちゃった みたいな。
 周囲のお客さんから白い目で見られてたりして。

 来年のW杯では会場にペットボトル持ち込み禁止です。
 グラウンドに投げ込むと危険だからだそうな。
 ここはひとつ会場の座席に座布団を置いたらどうでしょう?
 何か投げればお客さんも多少気がすむだろうし。
 飛ばしてもそんなに危険じゃないだろうし!?
 「イングランドとドイツのフーリガンが乱闘だ!」
 ってなってもおそらく
「丸めた座布団で殴りあい」
 ですむんじゃないかな!?
 「ブラジルまさかの敗戦!!」ってなった瞬間にブラジルサポーターからグラウンドに向かって大量の座布団が
 くるくるー くるくるー くるくるー くるくるー くるくるー
 くるくるー くるくるー くるくるー くるくるー くるくるー
「日本で開催したからこそ見られる光景ですね(笑)」
 なんて。

 どうよ。どうよコレ!?

 どうよ、って。

UFOと蝿を語る

すーぱーもっちさん
2001/10/15

 UFOといえば、「未確認飛行物体」と言われるように、未確認である。何が未確認なのかは分からないのだが、所属不明である上に目的や行動も未確認である。宇宙人が乗っているかどうかも未確認であるし、エリア51で製作されたものであるということも分からない。本当に製作されているかどうかすら怪しいのだが。
 そうなのである。未確認なのである。何かが確認されるとそれは既に未確認飛行物体ではない。それは「確認済飛行物体」となる。何という格好悪い名前だろうか。

 さて、UFOといえば必ず円盤形を思い浮かべる事と思う。果たしてこれは未確認飛行物体なのかどうなのか。答えはノーだ。なぜならば、確認されているのである。「円盤形」という確認がされているのである。これは未確認ではない。確認済みだ。つまり、円盤形の飛行物体は未確認飛行物体でないから、UFOでもないのである。葉巻型だの球状をした物体だのと言われるものは既に確認されている飛行物体である。それらもUFOではないのである。
 とは言うものの、形状が分かっただけでは現実的には未確認飛行物体と同じ扱いになるので結局はUFOとなる。困ったことである。

 UFOで未だに解明されないことに、その動力がなんなのか、ということがある。あれだけ高速で移動するうえに不可思議な直角カーブをしたりと、かなり現代技術で実現するには原子力機関しかないと思われるような無茶苦茶な乗り物である。私個人の勝手な解釈だが、おそらく「何かの物質を触媒としてある物質とまたある物質を反応させて莫大なエネルギーを取り出している」
 ものであると考えている。まるで化学実験みたいだ。

 先ほど、不可思議な直角カーブのことを書いたが、私はあれはすぐに解明できるのではないかと踏んでいる。簡単なことである。地球上で同じ動きをするものを探せばよいのだ。意外と近くにも居るのではないだろうか。奇妙な動きで不快な生き物が。
 そう、蝿である。あれの動きをよく観察してもらいたい。実に奇妙な動きをする。直角カーブをしている光景を見ることができるはずだ。私の言いたいことが
なんだか分かることと思う。そう、「UFOと蝿は同じ動きをする」
 これだ。これでUFOの動きが解明される日も近いのではないだろうか。蝿と同じ動きをする以上、似た構造であると考えられる。蝿は昆虫であるから、足が6本とハネが4枚、触覚が2本あり、複眼を持つ。これと似た構造の模型を作って飛ばせるとどうなるか。足は飛行中には何の意味もなさない。ハネは飛行する上で大切なパーツである。触覚、及び複眼はセンサーであると考えられる。問題はハネである。考えてみると、人類は鳥類と同じ方法で飛行することに成功していない。固定翼にエンジンを取り付けて飛んでいる。しかし、UFOにはこれが見られない。ここで一つ仮定してみる。「UFOは蝿と同じく羽ばたいて飛んでいる」
 とても胡散臭い内容だが、私はいたって真面目だし、正常だ。考えてみる。UFOは固定翼が無いのだ。これ以外に飛ぶ方法は二つ。下から炎を出して飛ぶか、羽ばたくか、だ。しかし、炎は見られないのだ。すると消去法で答えが羽ばたくUFOになってしまうのだ。
 しかし、ここで一つ問題が生じる。飛行音だ。蚊が飛ぶときには「ぷーん」という軽い音がする。ハチは「ぶぶぶーん」とうるさい。五月蠅いと言うように、蝿も飛ぶときはうるさいのだ。
 そこでUFOを考える。実際にUFOが爆音を轟かせて飛んでいる姿をカメラに納めた人はない。UFOの謎である。しかし、ここで一つのことを考えると意外にも可能ではないかというものがある。フクロウのハネである。フクロウのハネはとても柔らかく、飛行する際に殆ど音を生じないことで知られる。これをUFOに応用するのだ。実はUFOの上にはハネがついているのだ(しかも透明で柔らかい)。そうすればあの不可解な動きも説明ができるのだ。多分。
 作用反作用の効果で結局は飛ばないのではないかと思うのは気のせいだろうか。

 清家さんにおしえてあげましょう。

言葉の再利用

みやこさん
2001/9/27

 その昔、「ちょべりば」という言葉が流行ったのを憶えているでしょうか。「超ベリーバッド」という意味だったはずだが、あまり良く憶えていない。あと、「超MMC」とか「MK5」とかあった気がする。
 あれをですね。再びはやらせてみたらどうだろうか。
 もちろん第一次ブームの時とは意味は変える。どれだけ利用価値の高い言葉を編み出せるかが勝負である。

 ちょっと試してみよう。
例)新型ちょべりば
・超便利なバット(野球のバットのことだが、便利というからには何か物凄い機能がついている。電動マッサージができるとか)
・ちょっと便利なバット(これは、天ぷらやフライを揚げた後にとりあえず乗せておく金属でできた皿のことである。ちょっと便利なので、奥様に大人気)
・朝鮮民主主義人民共和国の、メガネかけてる一番えらい人と同じくらい日本国民にとっては別にどうでもいいバット(新宿中央公園でいちゃいちゃしているカップルに襲い掛かる無数のコウモリ。正確にはちょべりばにはなっていないけど気にしないで)
こんな具合で。

例)新型超MMC(元祖:超マッハムカツク殺す。なぜマジではなくマッハだったのかは未だに不明)
これは最初に「超」がついてしまっているので難しい。
・超三菱自動車
・超三本コーヒー
・超Marsh Mclennan Co (ニューヨーク証券取引所で取引されている金融株銘柄)
・大口公社債投信「フリー・ファイナンシャル・ファンド(FFF)」(MMC対抗商品。対抗商品と言うからには、超えて頂かなきゃ困りますねネ)

例)新型MK5(元祖:マジ切れ五秒前。後に広末涼子ちゃんが「マジで切れちゃう五秒まえ」とかいう歌を出して有名になった)
・前川きよし(日本の歌うたい)が五人
・五番目の前川きよし
・二十四人の前川きよし
・前川きよしと24の棺
・ダニエルキイスファンの皆様ごめんなさい。
・前川きよしファンの皆様もっとごめんなさい。

 こんな感じで、リニューアルして言葉を再利用するのである。
「あー、あの言葉結構好きだったのに」という感傷に浸る前に、再利用を考えてみよう。案外ステキな言葉が生まれるかもしれない。
・ちょっとべらぼうにバツイチ。あ、これだとチョベラバだな。

 いわゆる文化の螺旋的進化というやつですね。って、何が「いわゆる」だ。

赤缶

yokoさん
2001/9/23

 久々にさ、コークハイなんてもん飲もうと思ったのよ。
 缶コーラが安いのが目にはいったら、飲みたくなって。
 んで、買ったの。めったに買わないコーラ。
 それで、夕飯の前にちょっと甘ったるいけどいっぱいやろうって、ウィスキーをだばだばっと注いで大きな氷をうかべて、シュワッというコーラもドクドクッとつっこんで、さぁ飲もうっと思ったら、コーラじゃなくて赤い缶の発泡酒だった。グラスに入れてたの。ウィスキーの発泡酒割作ってた。バッカァ。ビールもコーラもそれしかなかったのに。
 非常にまずいシロモンでした。

 最近、体重なんぞに気を使ってダイエットコークを買うようにしているのですが、気が付くと大抵間違えて通常のコークを買っています。500ミリペットボトルのやつって、ダイエットと通常とでデザイン似過ぎやっちうねん。

朝日コムからです

もえたさん
2001/9/18

 下記の記事は真実です。つい驚いて、キースさんに「ずいぶんなことになっている」と言って欲しくてお送りします。

「ギタリスト」を「テロリスト」に聞き違いで拘束される

 18日付のシンガポール紙ストレーツ・タイムズによると、同国チャンギ空港で15日、インド人2人がテロリストと間違えられ、当局に身柄を拘束される騒ぎがあった。
 空港ラウンジで、インド人の1人が米国人と会話した際、自分のことを「ベースギター奏者(ベース・ギタリスト)」と言ったのを、米国人が「ボスニアのテロリスト(ボスニアン・テロリスト)」と聞き間違え、空港の警備員に通報。シンガポール航空の香港行きの便に乗り込もうとしていた2人は直ちに身柄を拘束された。その後、誤解は解け、2人は無事香港に向かったという。(時事)

「ずいぶんなことになっている」
 さて。
 先日も、「フランスかどっかの爆破事件で、現場にいたパンツを4枚重ね着していた人間が疑われている。というのも、イスラム・テロリストはパンツを4枚重ね着する慣わしがあるから」というニュースがありまして、これはこれでやっぱりずいぶんなことになっていると考えました。
 だいたい、どうしてパンツ4枚の重ね着がばれたんでしょう。ズボンがとても膨らんでいた、とかそういったあれでしょうかね。

夏の終わりに

タカタカさん
2001/9/8

 私が学生時代バイトしていた寺は幼稚園も経営(?)しておりそこで夏開催される「きもだめし」は本当に墓地内でやるんですよ
 バイトの私も「おばけ役」として参加したもんですが園児達、ほんと怖がってた
 そりゃそうだよな
 なんてったって墓地
 本物でてたかも

 大学時代の友人で、おなじようなアルバイトで、おなじように肝試しのお化け役やったという者がいましたが、彼の話は怖かった。
 その話には四谷怪談も絡んでまして、滅茶苦茶恐ろしいのですが、ここで説明するには余白が少ない、とフェルマー式に終わっておきます。

既視感の夕暮れ

トーストさん
2001/9/2

 昼間、買い物に行った。帰ってきたのは夕方だ。あたりはもう薄暗くなっていて、部屋に入ってまず灯りをつけて窓を開ける。少し湿った風が入ってくる。どこかの家のテレビの音が聞こえる。そろそろ涼しくなってきたから秋の虫の声が聞こえる。遠くで車の音が聞こえる。
 何だっけ。何だっけ。何か知ってるわ、この感じ。部屋のまん中でぼんやりと立ちつくす。でも子供の頃のことじゃないし。夢にでも出てきたのかな。こういうの、デジャヴっていうんだよな。
 しばらく考え続けて、思い出した。思い出したのは良いが、情けなくて赤面した。そう、このなんだか懐かしい情景は、「どこでもいっしょ」の部屋であった。

「どこでもいっしょ」を知らないのですが、西岸良平みたいなものですかね。

形容詞+です

Ryochanさん
2001/8/27

 「形容詞+です」の違和感について、つねづね感じていました。
 どこかに明快に書かれてていないかなーっと、ネットサーフィンしていたら、たどり着きました。今一つ、すっきりしませんが、私と同じ疑問を持っている方がいることが分かり、少しだけ、我が意を得たりの気分です。
 他のページも当たってみましたが、明快にかかれているページはありませんでした。文法的には間違いではなさそうだといった程度のことしか分かりませんでした。もう少し、こだわってみてくれると、ありがたいです(笑)。

「ありませんでした」「分かりませんでした」も同様に気になりますね。言い換えができないときには使いますが、文法的にどうなのかは、分かりませんです。

フカヒレ

まーささん
2001/8/27

 昨日横浜丸井にショッピングに出かけたときのお話です。
 目的の品がある階はどの階かいなと、エレベータ横の案内板をふと見るとそこに一言、
「フカヒレ駐車場」
 場所柄フカヒレもショッピングにくるんでしょうか?
 別の階には、
「そこつ連絡口」
 と書かれていました。
 横浜恐るべし!!

 スカイビル の一部を削って「フカ ヒレ」にした人のセンスに脱帽です。
「そこつ」は「そごう」でした。こっちはわりとつまらんですね。

 スとイを入れ替えて「イカスビル駐車場」というのも結構イカしているかもしれません。

おばあちゃん

タカタカさん
2001/8/23

 私のおばあちゃんは、今年で90歳。
 会うたびに「おおきくなったねぇ」と言ってくれます。
 おばあちゃん……。それって、おばあちゃんが、縮んでいるんだよ。
 とは、とても言えません。
 他にも会うと決まって言われるのが「小さい頃は不細工で、どうなることかと思ったけど……」。その後に、続く言葉は「……本当にお前は徳のある顔してるよ……」
 おばあちゃん……。
「徳のある」顔って……何?
 身内なんだから、嘘でも「キレイになったね」とか、言ってよ。
 身内なのに、敵。

 知人の祖母は、知人の顔を見るたびに、「ほんまに、ええ男になったね。どうでも」と仰るのだそうです。

ヨタ話。

るんばばさん
2001/8/17

 言うに事欠いて『健康サンダル』である。最近周囲で健康サンダルはイカンと言う風潮が出始めた。例えばテレビなんかでそんな特集が組まれたりなんかすると、うちの母親などは大慌てで我が家から健康サンダルを閉め出す始末である。
「健康サンダルって一体何なのかしら知りたいワ知り合いワ」
 と言うお方の為に説明すると、それは「スリッパ」、である。当然の事ながらそれはタダのスリッパではなく(勿論無料ではないが)、足の裏があたる部分にイボイボがついているスリッパなのである。すんごく自虐的な履き物のような気がしないでもないが、開発者の意図を汲めば、このイボが足の裏を刺激すると体に良い効果をもたらすと言う事らしい。かく言うるーがこれを初めて履いた時に抱いた感想とは、「なんだかわかんないけど物凄く足の裏がイタイッ」と言う事であった。
 母親が観たテレビ番組によると、このイボイボに体重がかかると、その圧力に負けんとして皮膚が硬質化し、それが酷くなるとヒビ割れを起こす。そのヒビ割れの中に細菌が入り込んだりしちゃったりした場合、足の裏はんもうとんでもない事になっちゃうらしいのである。考えれば至極当然の原理ではあるが、名前が「健康サンダル」なだけにおいそれと文句を付けがたいような気がする。水戸の御老公の印籠を、「これが目に入らぬかッくぬくぬッッ」等と言いながら悪人の目に無理矢理入れようとする角さん助さんが居ても容易に止められるものはおるまい。
 うちの母親はなんと20年間健康サンダルを「健康だから」と言う理由で履き続けた人なので、サンダルのイボ圧力も当然20年モノ、ここまできたらイボ7段と言っても過言ではない。しかしそれのみが足の裏に起こった事象の原因であるとは限らないにしても20年も経つ前にいい加減どこかで気がついてもよかったのではなかろうか、イボ7段よ。
 そう言えば「ウサギ飛び」や「足を延ばしての腹筋」等も子供の頃は散々やらされたが、いつの間にやら『体に悪いからやっちゃだめよン』なんて言う事になってしまっていた。後でドクターストップがかかりそうなもの無いかなぁ。
 ううむ。

 インスタントラーメンのスープなんかも、昔は滋養があるから全部飲めという触れ込みでしたね。

ダメだ

すーぱーもっちさん
2001/8/16

 私は何を隠そう、受験生だ(18歳)。
 一昨日は勉強をしなかった。
 昨日は机に向かって漫画を読んだ。
 今日は普通に寝た。
 きっと凄いところを受験するのでしょう……。

 がんばってください。

リンゴについての個人的考察

2001/8/10
ぎあさん

 リンゴ・スターと言えば、音楽関係にとんと疎い俺でさえ知っている、ビートルズのメンバーの一つです。
 そして、ビートルズメンバーの中では一番、人気がなさげであるということも。
 俺が中学の時、音楽の教科書にビートルズのメンバーが載っているのを見たときも「なんだこのウケ狙いの名前は」などと思っていました。
 しかし、一番インパクトがあるという点では、他のメンバーは彼にかなわないでしょう。
 そこで、彼のインパクトはそのままに、今より人気が出る名前を考えようと思います。

 何がダメなのか。それはきっとリンゴです。スターはいいんです。錦野あきらですから。
 要は、もっといい果物にすればいいんです。
 そこで考えて見ました。

「メロン・スター」

 どうでしょう。どうって、まるであかんがな。
 何故でしょう。メロンといえばリンゴよりは高級です。
 そうか、修飾語をつければいいんですね?

「産地直送夕張メロン・スター」

「最高級マスクメロン・スター」

 どうでしょう。どうって、ますますあかんがな。
 何故でしょう。夕張メロンやマスクメロンがリンゴに劣っていると言うのですか。言うのですか? ええ? 言うんですね? ひどい。
 繰り返しますが、スターはいいんです。なにしろ錦野あきらですから。
 しかし、リンゴをメロンにしようが、パパイヤにしようが、ドリアンにしようがダメなんです。いやドリアンはちょっといいかもしれませんが。
 結局、リンゴ、スター、どっちもいじくれないのです。
 仕方ありません。最初からこうすればよかったんですね。
 リンゴは生まれ変わります。

「リンゴ☆スター」

 おお、なんて素晴らしい。つのだ☆ひろも真っ青です。
 そうです。これです。これぞリンゴです。
 最後に繰り返しますが、スターはいいんです。なにしろにし。

 2ちゃんねるでリンゴ・スターがものすごいことになっているようです。

無題

2001/8/4
Uchan

「謎の金持ち」を読んだ名古屋出身のロッカーであります。無論洋服や外套などを入れておく箱ではない。
 さて、話はナナちゃんの事だ。今現在東京に住んでいるのだが帰ってきてその異様さに初めて気がついた。普段全裸のくせに夏だけ水着着てるし。
 しかしよく考えると名古屋にはもっと謎な物体があるし、誰も気にしないのかも知れぬ。町中を埋め尽くしている謎のオブジェとか。
 手が生えて来ている様に見える配電盤(かなり怖い)だとか夜中見たら祟られそうな親子のブロンズ像などいくらでもネタはあるがやはり一番謎なのは裸婦像の多さだろう。
 何しろ「十五歳」などと題名をつけて公民館内に裸婦像を設置しているほどだ。どういう神経をしているのか。
 外に設置してある裸婦像は大抵乳房がぴかぴかになっている。町の景観もへったくれもない。いい加減改善したらどうかと思うのだがどうも名古屋市の人間には「評判がいい」らしい。やはり名古屋はミステリー。

 大阪は御堂筋も妙なオブジェには事欠きません。

渋谷のバーにて

2001/8/1
田中キリコさん

 指が震えているのに隠そうともしない
 追い詰められている僕を痛ましく思ってと言わんばかりの態度
 私は黙って身詰めて そっと指に触れて 冷えていると言う
 彼はポーズを取るのに一所懸命で私が無表情なのにも気付かない

 君は本当は僕のことなんてどうでもいいのだろうに どうして優しくしてくれるのか
 そんな事を言う どうしてなんて気付いているだろうに

 答えれば貴方は納得して下さるのですか 私の言葉なんて信じていないでしょう
 どうでも良い本心を口にする 口に出来る本心なんてものは全てどうでも良い

 彼は少し笑う 計算高い女みたいな笑い方 こういう時は男でも女でも美しい表情は出来ないものらしいなんて思う 本心だ どうでも良い
 彼の左手の上に私の指先が乗っているだけの極々心許ない重みで左腕一本が使えなくなっている そこで初めて少し彼の事を考えてみようかなんて
 気になる
 指を外すと一瞬彼の視線がそこへ行く 

 多少離れた席でも男が女に甘えていて 人の営みの中に自分も紛れているのだと今更気付く

 疲れていらっしゃるのですよ 御自分で思うよりずっと きっとね
 偽善的な事を言って反応を見る 偽悪か偽善か弱音のどれを選ぶか試してみる
 彼は一瞬惑ってグラスを口に運び その数秒の所為で何も言えなくなる

 離れた席の男は良く通る声で料理の話を得意げに語り出す 
 見ていると失礼だから止めろと顔の向きを変えられる
 顎を掴むのではなく頬骨の辺りを指で軽く押すだけ
 こういう関係は指しか使えないのかも知れない

 男はカレーの話に移る
 彼と私の間に微妙な空気が流れる

 ナンなんて好きではない 食パンの方がましだ だが御飯に勝るものはない そんな熱弁を振るう
 確か最初はワインの話だった筈だが男に何があったというのか
 彼と私は目を合わせられなくなった

 話は佳境へ入る 昔の彼女はドライカレーでもないのにレーズンを入れるあまつさえパイナップルも入れるそんな女とは結婚出来ないとの断固たる
 主張 ハイライト

 私は口に出来ない本心を抱く 色々と
 暫く二人で黙りこくった挙げ句彼が言う 帰ろう

 帰り道で思う 彼は三日以内にカレーを食すだろうと

 私ならその日の内に食べますがね。

あめりかりくぐん

2001/7/27
るんばばさん

「探偵ナイトスクープ」で横山ホットブラザーズの例の鋸を音声認識させたらどうなるかというのをやっていましたが、結果は、「米陸軍」と認識されていました。

 と言う話を投稿ダメ文のコメントに添えられてましたが……。
「おーまーえーはーあーほーかー」ですよね。
 探偵や局長たちは「べいーりーくーぐんー?」と首を傾げていましたがどう考えても「あーめーりーかーりーくーぐん」やろッッと青筋立てて怒っているとウチの母親が「そう言えば昔おかーさん『米米クラブ』の事『よねよねクラブ』やと思ってたわ」などと言いました。
 すごい所帯クサイ名前になってしまいました……。
 まあ元々所帯くさいが(それは言ってはいけません)。

 今気づきましたが、「米米クラブ」と「メメクラゲ」は字面がそっくりですね。

そんなことするのはサザエさん家くらいなものだろう。

2001/7/26
タカタカさん

 18の春。
 上京したての私は、友達のK子ちゃんが持っていた小洒落たバックを「かわいいねぇ、このバック。しかもイニシャル入り?」と褒めてみた。

 ところがK子ちゃんは困った顔で、
「……これ、『キタムラ』のバックなんだけど……」

 天下の「キタムラ」を知らなかった私。
 一般の女子大生とは興味の対象が違うことを認識した、あの日。
 もう、駄目かも。

 私もキタムラというのは知りませんよ。
 中華料理の「ハマムラ」なら知っています。顔になってるやつ。

俺的青春シリーズ

2001/7/23
霧ヶ峰さん

☆一般的な青春のイメージ☆
 夜空を見上げながら
男性「ほら、見てごらん。あそこにあるのが北斗七星だよ」
女性「(ウットリしながら)綺麗だわ……」
男性「(少し照れながら)いや、キミの方が綺麗だよ」
女性「いやんっ♪ ×××くんったらぁ☆」

★俺的青春★
 日曜日の3時40分頃、街頭のテレビを見ながら
男性1「おい、見ろよ、トウカイテイオーあの位置だぜ」
男性2「(口をねじ曲げながら)カァーーーッ、馬群最後尾ぢゃネェかよ!」
男性1「(あきれ顔で)毎度ながらよく負けるよなぁ、霧ヶ峰(仮名)よぉ」
男性2「っるせぇよ、×××よぉ!! 俺のことはほっといてくれ!!」

☆一般的な青春その2☆
 桜並木の通りを男女2人で歩きながら
女性「ねぇ……今日の夜、うちに泊まりにこない……?」
男性「……(やや驚いて)えっ?! なんで? 行っても平気なの?」
女性「(ちょっとはにかみながら)うん……パパもママも今日は帰ってこないの……」
 ドキドキドキドキドキドキドキ……(←二人の心臓の音)

★俺的青春その2★
 桜並木の通りを男2人で歩きながら
男性1「なぁ、霧ヶ峰(仮名)、今日うちに泊まりに来いよ」
男性2「をう、いいよ、なんかいいことあんの?」
男性1「いや、おまえが来てくれればメンツそろって麻雀できるからさ!!」
 ジャラジャラジャラジャラジャラジャラ……(←麻雀牌の音)

☆一般的な青春その3☆
 合同コンパ会場(居酒屋)で対面同士の男女の会話
女性「ねぇ、なんでしゃべらないの? 緊張してるとか?」
男性「うん、そうなんだ。俺こういう場に慣れてないから……」
女性「ココで弾けなきゃダメよ! あなたけっこうカッコイイし♪ ちょっとあなたのとなりに行ってもいい?」
男性「ぇえ? そ、そりゃぁ、もう!!(照)」

★俺的青春その3★
 合同コンパ会場(居酒屋)で対面同士の男女の会話
女性「ねぇ、なんでしゃべらないの? 緊張してるとか?」
男性「うん、そうなんだ。俺こういう場に慣れてないから……」
女性「あっそ。じゃ、そのまま大人しくしてなさい。間違ってもあたしの隣には座らないでね!」
男性「ぇえ? わ、わかった……そうする……(弱)」

☆一般的な青春その4☆(ポスペの秘密日記風味)
 ○月×日(晴れ)
 今日コンパに行った。
 最初はうまくしゃべることが出来なくてつまんなかったけど、目の前に座っていた綺麗な女の子が話しかけてきてくれたおかげで少しづつテンションも上がっていって楽しく飲めたぜ、イヤッホウ!
 しかも飲み会が終わった後、参加者の中で一番キレイだなと思っていたその子が電話番号を教えてくれた。
 そのメモには
「今度二人で会おうねっ☆」
 って書いてあった。
 オウイエァッ!

★俺的青春その4★(ポスペの秘密日記風味)
 @月#日(槍)
 今日コンパに行った。
 最初はうまくしゃべることが出来なくてつまんなかったけど、目の前に座っていた綺麗な女の子がそのまま大人しくしてろなんて言うからなおさらつまんなくなったぁぁあっぁああぁファアッッァアアァアッック!!!
 しかも飲み会が終わった後、参加者の中で一番ブスだなぁと思ってた
 白豚みてぇな女が酔いつぶれて俺が介抱するハメになった。
 っていうか、あいつホントに酔ってたのか?
 しきりに俺の股間に手を伸ばそうとしてたけど……。
 イヤアアッァアアッァアアアッァアッァッァアアアァ!!!!!(狂)
(注:↑コレ、実話です)

★オマケ★
 その後、その酔いつぶれてた(フリをしていた?)逆セクハラ女にどこかのバカが俺様の電話番号を教えたらしく、自宅に何度も電話がかかってきた。
 俺はそのとき生まれて初めて「居留守」を使った。(怖)

(寸評)
 もっと伝えたいことを明確に絞り込んで作文してみよう。

日本海

2001/7/19
あやめさん

 ちょっとシモの話で申し訳ありません。
 先日彼氏と話していて、あの、男性が何てゆうか、起ってしまうと困るときってありますよね。海やプールとか、そうでなくても仕事中とか。そうゆうときに、どう対処しているかの話になったんですね。
 彼の場合は、「厳しい冬の荒々しい日本海」(北斎の浮世絵みたいなの。波がザバーってなってるやつ。)を想像すると、収まるというか、大丈夫なんだそうです。あとは、職場の中年男性の顔とか、ファイト一発のコマーシャルとか、海の男とか。とにかく、男くさいイメージや全然関係ないことが効くんだそうです。
 女の私としては、すごいおもしろくって、そんな事考えたこともなかったので感慨深かったです。他の方はどうなんでしょう。それにしても男性は男性で、苦労が多いんですね。

 私は般若心経を唱えるようにしています。

アドレス持ちました記念。

2001/7/17
タカタカさん

 中学生の頃、放課後。近所(校舎をはさんだ反対側)の家で火災発生。
 ものすごい量の煙が、校舎の裏で「部活動」にはげむ私達の所にもながれてきた。
 これはチャンス。
「霧の中から駆けてきた少女」
「スモークの中で歌う私」
「一寸先は霧」
 さまざまなシチュエーションで遊ぶ私達。
 それから約10分後、消防車のサイレンの音が。
「え、火事? 用務員のおじさんが景気よくゴミを燃やしてでた煙じゃ、なかったんだ?」
 家はじぇーんぶ燃えちゃいましたぁ

 以上プチ懺悔でした。

 私の知り合いで、殺されて側溝に捨てられた死体をマネキン人形だと思い、鼻の穴に指突っ込んだりして遊んでいたという奴がいます。ほんとほんと。
 それに比べたらかわいいもんでしょう。

千葉市民の人

2001/7/6
Ms.オクラさん

 もう何年も前の話ですが、私が花の女子学生でしたころ、私も人並みに大学のサークル活動というものに参加していました。このサークル、例によって表向きは「テニス同好会」ということでしたが実態は「コンパ同好会」でした。
 ある晩コンパが終わりますと、既に私が家に帰るための終電車の時間が過ぎていたため、親切な男性1名が「私が車で貴方の自宅まで送りましょう」と提案して下さいました。私は喜んでこの提案を受け、私とその男性を乗せた車は私の自宅のある千葉方面へと向かうこととなりました(コンパは東京・新宿で行われていました)。
 この時が私にとって初めての「年頃の男性の運転で、私の自宅まで車で行く」という体験だったのですが、このことが、あれほどまでに自分を赤面させてしまうことになるとは、私もこの時まで思いもよりませんでした。
 男性「どこ方面に行けば良いですか」
 私 「あ、幕張のほうに(赤面)」
 男性「次は」
 私 「え、稲毛にお願いします(赤面)」
 男性「どこのインターで降りたらいいですか」
 私 「あの、穴川で……(赤面)」

 私の地元周辺の地名は、うら若き乙女の私にとっては恥ずかしすぎでした。単なる考えすぎでしょうか。
 その数年後には同様の状況においても、「私んちの近くって、やらしい地名が多いんだよね」と自らネタとして振るようになり、更に現在は、「本来であれば、毛・穴・膜の順よね…」と心の中で密かに思う程度になり、大人になったなあと感じる今日この頃です。
 そんな私も、今年で32歳なのです。やはり駄目でしょうか。

 調べてみましたが千葉では中央区に「生実」「汐見丘」というのもありますね。これも考えようによっては。
 千葉はどうかしていますね。

そういえば

2001/7/5
コバヤシさん

 先日某ホテルのエレベーターを利用したおり、「エレベーターにはダブルクリック」を思い出しだのだ。
 尤もそれがそれ聞かからのソースである事の気付くのはだいぶん後の事になるのだが。
 暫く下りのエレベーターで上の階を押して消すという軟弱な事をやっていたのだが
 その日に秋葉館に行き、エレベーターに乗った。
 はいいのだが。
 致命的なミスはそのエレベーターが古かった事である。僕は為す術も無く用も無い階に止まってしまった。

 ダブルクリック可能なエレベータには、天井にWindowsロゴがあるはずなので、それで見極めてください。

夜になると蛙は

2001/6/4
トーストさん

 私が住んでいる街は割と静かなところですが、それでもたまにうるさいな、と思うこともあります。
 隣の人が洗濯してる。大したことはありません。上空をヘリコプターが3機ばかり通過する。時々あります。近所でビルを建てていてガシャーンドカーンと音がする。まあしょうがない。うちの前の道路をアスファルト舗装している。これは珍しい。
 どれも特に我慢できないというほどのこともないのです。しかし、日曜日の午前中、幸せな惰眠を貪っている時にこれらの音が一斉に襲ってきたとしたら。……何ごとかと飛び起きました。寝惚けた頭でなんとか状況を把握して、「なにもいっぺんにやることはないだろう」と脱力していたところ、これまた一斉にぴたりと止みました。蛙の合唱かい。

 ホラー映画なら、そういうときの後、殺人鬼が出てくるんですよね。カエルマンとか。

お題あります

2001/5/20
MORINAGAさん

 さて、最近ふと「リストラ大名」という言葉を思いつきました。どこかで誰かが言ってそうですが、たぶんそれなりに目新しい言葉かと存じます。
 もしよろしければ、タイトルなりにお使い下さいませ。
 追記:そう思って検索したら3、4年前の「夕刊フジ」に同名の連載がありました……。

「リストラ番長」というのもいいなと思います。

ジェットコースターと海

2001/5/14
カンナビスさん

 俺の最近の夢は、壊れたジェットコースターに無理矢理のらされるんだ。それから訳のわからないうちに海に落っこちて、深く深く深く沈んでいくんだ。そうしてしばらくそんなことしてると、魚がきて俺をついばむんだ。食べるってわけじゃないんだけど、とにかく突付いてくんだよな……。

 鈴木光司さんの海洋小説の導入にでもありそうですね。あるいはフライング・キラー。

知ってる?つもり

2001/5/11
タカタカさん

 ミッション系女子校に通っていた頃の話。
 ある授業が終わって、友達が言った衝撃の一言。
「ねぇねぇ知ってる? キリストって◎人兄弟だったらしいよ」(※◎印には数字がはいります。7人だったか、9人だったか……多かったような気がします)
 マリアは処女でキリストを生んだはず、ってことは、彼は長男。
 昔は多産だったし、その後も子造りに励んでたって不思議じゃない。
 そうかぁ。
 お兄ちゃんが「救い主」ってどんな気分かなぁ?
 やっぱり磔にあった後、兄弟達は「おまえの兄ちゃんイーエース」とかいって、いじめられてたのかなぁ。
 と乙女の妄想は膨らんでいくのであった。別方向に。

 ヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンで五人兄弟ですね。  苛められた兄弟は、やっぱり「ジーザス」と地団駄を踏んだのでしょうか。ヨセなんかは「えーん。止せやあい」と泣いたことでしょう。

ひどい!!

2001/4/15
フレンド学園生徒さん

 ふれんど学園をばかにしないで!!!  倍率3倍だし共立女子なんかより偏差値高いし少人数なのに進学率は豊島岡よりいいんです!  中学入試でしかはうれないから知らない人けっこういるけどがんばって勉強して偏差値60くらいのやつしかはいれないんです!!! しかもとても教育方針もいいし……  問題は名前だけ!!!  学園祭とか学校見学きてにてください!!!  すっごくいいですよ!!  とくに演劇!! 本とにあれで青春とか人に喜ばれる感動とか喜びとか学びました!!! 内容も泣けるし!!  あー駄目話じゃないけど暴走族とかあったので悲しくておくりました! あぁ、わかればいいのよ。うふふ。  ではでは……がんばってね。

 普連土学園を暴走族だと書いたら、生徒さんからお怒りをいただきました。クエーカー教徒でしょうから、ぷるぷる顫えて怒っているのでしょうか(とまた怒らせる)。
 そこまで言うなら今度、おじさんを学園祭に招待してください。えへへ。

携帯電話

2001/4/8
洗井洗造さん

 携帯電話、ネコも杓子も皆、携帯を持っている昨今である。
 なぜ皆、携帯を持つのか。便利だから? いや違うとおもう。
 携帯を持つことによって共有感や満足感を人々に持たせるのだ。

 あぁ携帯をもつだけでなんとすばらしき気分にひたれるのだろう。
 まるで「仕事のできる男」のような気分だ。
 そう思っていたそのとき。

**トゥルル**
 呼び出し音がなった直後すばやく胸内ポケットから携帯を取り出す。
 出てきた相手は、若い女性の声。
「お父さん?」
「いえ、ちがいますが」
「お父さんじゃない!」
**ガチャッ**

 な、なんですか。共有感や満足感などひとかけらもない。それに私にどんな落ち度があって「お父さんじゃない!」と言われて電話を切られる事になるのだろう。たしかに私はあなたのお父さんでもなく、そもそも娘もいないかもしれないが、それを落ち度といわれてしまっては困る。もしかしたら私が否定したのがいけないのかもしれない。そこで私は頭の中でいまの出来事をやり直すことにした。

***トゥルル***
「おとうさん?」
「そうかもしれません」
***ガチャ***

 曖昧な言い方はやはり良くない。
 きっぱり肯定するべきだ。

***トゥルル***
「おとうさん?」
「はい、お父さんです」
「でも、なんだか声がちがうみたい」
「ゴホゴホ、ちょっと風邪をひいてしまいました」
「でも、なぜ牙がはえてるの?」
「それはお前を食べるためさ」
***ガチャ***

 これでは「あかずきん」ではないか。私は考え直す。間違い電話から素敵な恋が始まるのはどうだろうか。

***トゥルル***
「おとうさん?」
「違います」
「でも、素敵な声」
「君のほうこそ可愛い声だね」
「ウフフ、じゃあいつものホテル夜8時」
***ガチャ***

 ぜんぜん素敵な恋ではないし展開がとても不自然だ。もっと普通の会話にならないのだろうか。

***トゥルル***
「おとうさん?」
「なんだ、明美か」
「なんだはないでしょ、フフフ、今、○×駅の改札でたところにいるんだけど、傘もってないから迎えてにきて」
「よしわかった、お父さんにまかせろ」
「うん、それじゃ」
***ガチャ***

 これだ。仲の良い親子の会話でほのぼのさせつつ自然に電話が切れるではないか。
 次に電話が掛かってきたらこうすることにした。しかし、待っていても掛かってはこない。そこで、掛けてきた番号へ逆に電話を掛けることにした。

**トゥルル**
「明美?」

# 長すぎてすいません。
# 無理に載せなくて良いです。

 いえ。無理に載せました。

過去の駄目話

2001/3/24
コバヤシさん

 投稿された過去の駄目話を僕はよんでおりました。
 すると、「正しい子供の殴り方」がSPAMになったというのでどれどれ、どんな駄目SPAMになったのかなとリンク先に飛んだわけであります。
「正しい子供の殴り方」という項目をさがしておりますと、「もしMSが車を作ったら」という項目がありました。周知の通り、MSはマイクロソフトを示すわけですがどうしてもモビルスーツと読んでしまう僕は駄目ですか。
 グフが一生懸命車を組み立てている情景が浮かんでしまう僕は駄目ですか。

 私はゲーム機の略称PS2からいつもコンピュータのポートを思い浮かべてしまいます。

走る取的

2001/3/24
トーストさん

 相撲の季節だ。しょっちゅう相撲の季節がやって来るような気もするが、相撲の季節がやって来る度にずうっと気になっていたことがある。NHKのニュースである。スポーツのコーナーで相撲の結果を伝えているのだが、注目の取り組みに限ってVTRと力士の談話が流される。その談話のあとの、なんと言うのか、力士の様子を表現する一言が気になって仕方がない。「〜と、反省することしきりでした」だの「大きなため息をついていました」だのといった言葉が必ず付け加えられる。一番使用頻度が高いのは「〜と、気持ちを切り替えていました」であるようだ。
 相撲はよく知らないけれど、ニュースでこれを聞くとなんだか人生について考えてしまうのである。そうよね、人は反省することしきりだったり、自信をみなぎらせていたり、大きなため息をついたり、胸をなでおろしたりしながら生きてゆくのよね。うんうん。と、考えが大層な方向に向かってしまうので困るのだ。
 しかしあの一言は一体誰がひねり出しているのだろうか。と、疑問を隠せない様子でした。

 私は最近更新が滞って、反省することしきりでした。

手が滑ったぁ「語るもっちのなまら北海道」

2001/3/20
もっちさん

 これは一種の嫌がらせに多い言葉である。嫌な人に対し、何らかの制裁を加える際、後ろからぶつかっては「おっと、手が滑った」であるし、殴りかかっては「手が滑ったぁ」である。この「手が滑る」という行為は、一応予期せぬ事が起きたことを指す。これがもし、「爪が滑った」だったり「骨が滑った」であったり、「腹が滑った」では予期せぬ事というより、単なるバカである。「手が滑る」という行為自体には、「予期せぬ事が起きたのだぞ」という暗示があるように思われる。手が滑るのは良くある事であるから、何かと都合がよいのである。
 例えば、何かを受け取ろうとして落とすのも「手が滑った」であるし、誰かが崖から落ちそうになるのを助けようとして、結局落ちてしまうのも「手が滑った」である。これは何かと都合がよい。都合がよいからこそ、多用されるのである。であるが、道を歩いていて転ぶのは「手が滑る」ではないし、道を歩いていてマンホールに落ちるのも「手が滑る」ではない。もしそんな使われ方があったとすれば、世の中は大変なことになる。
 車を運転していて、間違って電柱にぶつかった場合、そのとき貴方は、居眠り運転をしていた。貴方はこう口走ったとしよう。
貴方「いやあ、お巡りさん。手が滑りました」
警官「アホ」
 こうなるのは目に見えている。このあとは点数が加算されるであろう。
 更に、貴方はおじさんである。間違って電車の中で女性のお尻を触ってしまった。こんな時、貴方がこう口走ったとしよう。
貴方「すいません、手が滑りました」
女性「バカ」
 こうなるのは目に見えている。そのあとは殴られるに違いない。
 また、貴方は美術館の目玉である、有名な人が作った時価5億円の壺を壊してしまい、こう口走ったとしよう。
貴方「あのぉ、手が滑ったのですが……」
警備員「触らないでください、という看板は読めますか?」
 ということは目に見えている。このあと、弁償させられるに違いない。
 正しい使い方はこうである。何かの劇薬を持っていて、誤って近くの人にぶっかけてしまった場合、「悪い、手が滑った」である。ただ、劇薬である。硫酸などが降りかかった場合、直ちに洗い流さないととんでもないことになるので、謝る前に助けるべきであるが……。
 そんなわけで、「手が滑る」という行為は何かと便利ではあるが、使用法を間違えると大変である。間違っても太っている人に「でぶ」と口走ってから「悪い、手が滑った」と言ってはならない。そういうのは「口が滑った」というのだ。おぉ、お後がよろしいようで……。

 私はよくギャグも滑ります。

2001/3/18
ぬさん

 昨夜、曽祖父の弟が夢枕に立って、「グラム三千円の肉が一キログラムだったら、三百万円だよ」と言ってました。
 あとついでに、「インフレがひどかったときになら、俺もグラム三千円の肉を食ったことがある。四グラムだけだったがな」とも言ってました。
 多分、ウソだと思います。

 百グラムのことを「グラム」というのはあんまり一般的じゃないのでしょうか。すみません。

暇なので、もういっちょっむ

2001/3/13
たかたかさん

 我が家にある、お宝。
・巨泉のクイズダービーゲーム
・「いなかっぺ大将」お洒落ポーチ
・ムーミンのLP
 その筋のマニアの方、鑑定お願いします。(箱がないから3000円位かな?)

 いなかっぺ大将のお洒落ポーチには惹かれますね。それ自体矛盾した品物ですね。

似て批なるもの

2001/3/13
たかたかさん

「まーぼーどーふ」の素を使って、「まーぼなす」を作ると意外とまずい。
 同じ「まーぼ」だから、いいじゃん。
 ……駄目らしい。

 麻婆春雨の素ではどうなのでしょう。

本当に違いが判らぬ男

2001/3/12
篠原さん

 味に関して違いが判らぬと言えばアメリカ人をおいて右に出る物はありません。彼の国の人々は大食らいであることにかけても比類無き人種でありまして、いくら味の判らぬ大食らいとは申しても日本人であれば、彼らには遠く及ばないことは明白であります。
 さて、だいぶ昔のことではありますが、私がアメリカを訪れたおり、アメリカ人の人とレストランに入りました。まずはアペタイザーを注文と言うことでメニューを見ると、キューカンバーとチキンの選択肢がございました。
私「おい、お前は何が食いたい」
アメリカ人の人「では、キューカンバーにしようではないか」
 とのやりとりの後、出てきたのはなにやらフライのようなもの。はてさてキュウリのフライとは珍妙な、と口に入れれば、やはりそれは鳥のささみのフライでありました。
私「チキンが来ちゃったね」
アメリカ人の人「いや、我々が注文したのはキューカンバーなのだから、これはキューカンバーだろう」
私「おいおい、お前今食べただろう。これはチキンだよ」
アメリカ人の人「そうかい、でも確かにキューカンバーを注文したよな」
私「注文したのはそうだが、これはチキンだって言ってるんだよ」
アメリカ人の人「そうかなあ、キューカンバーじゃないのかなあ」
私「シット。じゃあウェイターに聞いてみようではないか。おいおいそこなウェイターの人よ、これはいったい何か?」
ウェイターの人「それはチキンだぜえ」
アメリカ人の人「へえ、そうか。これはチキンか」

 アメリカ人の人は別に悪びれた様子もなく、チキンをむしゃむしゃとほおばるのでした。そう言えば、美味いとも不味いとも一言も言わなかったなあ。味を感じる舌もしくは脳の構造が我々とは違うのだと思います。
 味音痴とかそう言うレベルじゃありません。アメリカ人は味覚が駄目。

 アメリカ人の人は「味に向いていない」のかもしれませんね。

サルモネラ

2001/3/10
北村さん

 254回の「猿なのか」について。
 細かい話ですが、サルモネラは属名で、菌名ではないのです。
 サルモネラ属には、チフス菌など、たくさんの菌があります。サルモネラという名称のなかにはすでに「菌」という意味が入っているので、いわば「馬から落ちて落馬する」のようなことになってしまいます。
 なお、「ヘリコバクター・ピロリ菌」は、ヘリコバクター属のピロリ菌という意味でOKです。
 また、「ブルセラ症」は、ブルセラ属のヤギ流産菌、ウシ流産菌、ブタ流産菌などによって引き起こされる症候です。エラ(ella)というのが、細菌とか、菌という意味の学術上ラテン語だそうです。
 たとえば、赤痢菌属の赤痢菌は、志賀潔が発見したので、シゲラ(shigella)といいます。ただ、誤用の「ブルセラ菌」や「サルモネラ菌」も、最近はぼちぼち言うようになってきているようですが。
 未読の255回以降で、これについて触れている箇所があるかもしれませんが、もしそうであればすみません。

 ありがとうございます。知りませんでしたので、大変参考になりました。
「シゲラ」は怪獣のようで素敵ですね。あるいはアムラーのよう。

らせん

2001/3/9
てんてんさん

 人間の思い込みとは、かくも恐ろしいものである。
 思い込みにも、良いモノと悪いモノがある。まぁ、往々にしてマイナス的イメージではあるが。
 私には、この「思い込み」に関して今でも、忘れたくて忘れたくて仕方がないというような事があった。それは、「漢字の読み違い」である。しかも、私はこれを十年あまり、何の疑いも無くケイゾクしてしまっていた。
 嗚呼恥ずかしい。書いてて赤面してしまう。でも書こう。

 事件は今から5年前、自分の勤める会社で起こった。
 その日私はとある情報システムの開発計画を立てるべく、今まさに鉛筆を振りかざし燃える闘魂となって机に向かったのだが、肝心の紙が無い。引き出しを開けてみたものの、うまい具合に切らしている。さて困ったとばかり隣の席に目線を移したところ、同僚がちょうど紙に何か書いている姿を見てとった。ちょうど良い、紙を数枚貰おうと考えた私はその同僚に言い放った。
「ね、紙、くれないか」
「ん? いいよ、どんなのが良いの。真っ白なのが良い?」
「いや、らせんの入ってるやつ」
「は?」
「だから、真っ白なやつじゃなくて、らせんの入ったやつだよ」
 その時には、彼が何故聞き返すのか皆目見当がつかなかった。
 彼は、「コイツ何言ってんの」と言わんばかりの蔑んだ目で私を見つめている。そうかと思えば、彼は手元の紙に何か書き加え、私に「はい。」と差し出した。私は目を疑った。差し出された紙には、あろう事かたつまき、いや、塩基配列というか、何かグルグルした感じの絵が書いてあったのだ。私は笑った。
「ははは。そうクルかぁ。一本取られたな。こりゃアンタ、『らせん』だよ!」
 そんな私の決死の突っ込みにも、彼は冷静だった。
「だって『らせん』の書いてあるやつって言ったじゃん」
「違うよぉ。こう、横に線が入ってるやつだってば」
「……そ、それって、『けいせん』の事?」
「え?」
「『けいせん』だよ。キミ、もしかして『けいせん』の事『らせん』て読んでたの?」
「え? ……え? え?」
 もはや私の頭の中はたつまき、いや、塩基配列というか、何かグルグルした感じの紫の煙が立ち込めていた。
 そうなのだ。私は、「罫線」の事を「らせん」と読み違えていたのだ。「らせん」と読むためには、「罫線」の「罫」を「羅」にしなければならない。
「羅線」……。何だこの文字は。馬鹿じゃない?
 とは言え、10年余の月日をそう思い込んで過ごしたと思うと感慨深いものもある。それに、罫と羅って、似てる。いや、似てないなぁ。似てるのか? 似てるだろ。似ているのだから、押し通すのだ。「羅線」は「けいせん」でなく「らせん」だ!
 だが、それを押し通すとなると多少の弊害を覚悟せねばならなくなる。例えばエクセルで線を引く時、「セルのプロパティ」とかのダイアログを開いて「罫線」のタブをクリックしてあれやこれや行うのだが、これが「けいせん」でなく「らせん」となると、おそらく「巻き具合」とか「バネ定数」とか「マクファーソンストラット」とか「ビルシュタイン」とかのパラメータを指定しなければならなくなるのだ。
 これはちょっと面倒だぞ。
 やっぱり「罫線」は「けいせん」であって「らせん」ではないのだ。「らせん」と読むヤツはダメダメだ。けしからん。

 かくして自己嫌悪の塊と化した私を肴にして、その同僚は笑った。しかもそばにいた別の同僚や何という事か上司にまで私の馬鹿さ加減を触れ回り、私の席はいつしか笑いの渦がらせん状に巻き起こっていた。
 その渦の中心で、塊の私は以外にも冷静に、「ああ。そういえば『らせん』って漢字で書くと『螺旋』なんだなあ」などと現実逃避の道を模索していたのだった。

 私は随分ながいこと尚早を「そうしょう」と覚えていましたが、元来ごにょごにょ喋る性質だったので誰にもばれませんでした。ついでに、ついこないだまで「総花」を「そうか」だと思っていました。漢字に変換できなかったので気付きました。

おにぎり

2001/3/6
たおかさん

「おにぎり」と「おむすび」の違いについてですが、ずっと前に「おにぎり」と「おむすび」の違いを調べているテレビ番組があり、その中では「片手で握った物」と「両手で握った物」で区別すると言ってました。
 不覚にもどっちがどっちだったか覚えてません。だったら、いちいちメールするなといわれそうですが、すいません。
 参考になれば幸いです。

 ありがとうございます。おにぎり・おむすびにまた新たな説をいただきました。それにしても片手で握るのはかなりの技術とみました。

穴黒』の謎

2001/3/1
ケロヨンさん

 今日、うどん屋さんでうどんを食った。あたりまえ。
 カウンターに腰掛けあたりを見廻すと、隣にOLさんが二人座っている。後ろのテーブル席には六十歳前後のおじさんが二人。後ろからおっちゃんの会話が聞こえる、声がデカイ、だいたいおっちゃんは声がデカイ。

 おっちゃんA:どないや、最近。
 おっちゃんB:ま、ぼちぼちというとこかな。(ピュルピュル ピュルピュル! 携帯電話の音)もしもし、あー、はいはい、ふん、ほー……。あっ! きれてしもたがなっ! (店の外に出て行くおじさんA)
 おっちゃんB:安もんの電話つことるからや、へへへ。
 (戻って来るおっちゃんA)
 おっちゃんA:ようきれよるんやわ、この電話。
 おっちゃんB:それ「つぅーかー」やろ。
 おっちゃんA:「つぅーかー」かもしれん、あんたのはなんや?
 おっちゃんB:わしは、「どっこも」や、家に置いたあるけどな。
 おっちゃんA:「どっこも」か、やっぱり「どっこも」ええか?
 おっちゃんB:ええな「どっこも」は、デジタルやさかいな。それ「穴黒」やろ。
 おっちゃんA:え〜と、「穴黒」かもしれん。
 おっちゃんB:これから将来を見越すと、やっぱり「どっこも」やな! 大将なんぼや!?
 うどん屋大将:ひゃくおくまんえん!

「穴黒」の謎に気がついた時は、カウンターの三人揃って、うどんがすすれませんでした。

 私が今回入手した中にも「つぅーかー」がありましたが、やっぱり穴黒なのでしょうか。

音声入力方式が好き。

2001/2/28
ryuさん

 個人的には第256回「音声入力方式」がたいそう気に入っております。
 僭越ながらわたくしめも一言入力おば。

 …それから股二人は夫婦汁よ…
 すいません。

 ありがとうございます。
 先日テレビ番組「探偵ナイトスクープ」で横山ホットブラザーズの例の鋸を音声認識させたらどうなるかというのをやっていましたが、結果は、
「米陸軍」
 と認識されていました。現実には勝てません。ついでに大阪ローカルな話ですみません。

無題

2001/2/22
おかべさん

 就業中に上司の目も盗まずに一週間で全文読めてしまいました。
 3末に退社すること、決心いたしました。

 よほど大らかな会社にお勤めだったのでしょう。

おなかぺこぺこ

2001/2/19
なぞえもんさん

 とある中華大衆食堂にて張り紙発見。
「腹ぺこの人。おなかいっぱい食べさせてあげます。ただし30分間皿洗いさせます。学生に限る」

 おなかいっぱい……。

「おなかいっぱいになりました」「よし、皿洗え」
 滅茶苦茶大食いだったら、どうするんだろう。
「まだおなかいっぱいになりません」「よし、これも食え」
 お代わり連発して、大量の自分の皿だけ洗って帰っていいのかな。

 好き嫌い激しい奴だったら?
「僕はピーマン嫌いです」「文句言わずに食え」
「えびチリ食べたいです」「チャーハンで我慢しろ」
 リクエストは聞いてもらえるのかな。

「ごちそうさま。お皿洗います」「今客居ないから帰りたまえ」
 おやつタイムとか、客が居ないときは洗う皿がないんじゃ?
 それとも洗うお皿が来るまで待つのかな。

 団体でもOKなのかな。10人位で皿洗い?
 腹ぺこだったら毎日行ってもOKなのかな。
 色々悩みましたが、私は学生ではなかったのです。

 昔、杞の国の人は、空から中華料理が落ちてきたらと考えていたそうです。

居留守

2001/2/14
ふるるさん

 きのうNHKの集金がきた。
 居留守を使った。
 今日もきた。
 居留守を使った。

 気狂いのふりをするという選択肢もあります。

白いのがスキ☆

2001/2/13
ふるるさん

 今夜はシチューだ。
 そう決めてスーパーに行き、材料をカゴに入れる。
 家に着くと、おもむろにたまねぎを取り出し、切る。
 じゅうぶんに熱した鍋に油をひき、そのたまねぎをほうりこむ。
 はっ!
 他の材料はまだ切っていない……。
 あわててにんじんを切り、鍋へほうりこむ。
 はしで混ぜる。
 鶏肉を切る。鍋にほうりこむ。
 はしで混ぜる。
 この時点ですでにたまねぎに焦げが……。
 じゃがいもの皮をせっせとむきながら鍋に目をやるとえらいことになっている。
 じゃがいもを放り出し、鍋の中身を混ぜ混ぜ。
 再びじゃがいもに取り組む。
 ああ。
 たまねぎはすっかりこげこげ。黒くなってしまっている。
 シチューは白くないとダメ、そんなポリシーを持ったあたしは泣く泣く作戦変更。

 今夜はカレーだ。

 そういう安易な気持ちでカレーを作るとカレー様の罰が当ります。

バイオ鱒

2001/2/12
トーストさん

 バイオマスっていうのは遺伝子操作された鱒のことだと思い込んでいて、何故エネルギーに関係があるのかわからないけれど、きっと良質の魚油をたくさん含むように改良されていてその油を燃やすのだろうと想像して、なんだか未来のエネルギーは臭そうだなあと心配していた。人に話す前に本当のことがわかって良かった。

 私はチョコレートの原料表記を見ると「カカオ鱒」なるものを想像してしまいます。

説得力

2001/2/11
ジュンイチさん

 以前、「それきか」に説得力強化プログラムのお話がありましたが、モスクワでは、全く説得力がない人々をよく見かけます。
 いわゆる乞食、物乞いの方々なのですが。説得力のかけらもございません。
 確かに旧ソ連崩壊後、ロシアでは貧富の差が広がった事と、数年前の超インフレがあいまって人々の暮らしは楽ではありません。
 街角では、物売りの人々や、芸をしてお金をもらう人、そして物乞いの方々を多く見かけます。
 まあ、物売りの方々や芸をする方々は良しとしましょう。最後の物乞いのなかに時々、まるまると太ったお婆さんや毛皮のコートをきたおばさんを見かけます。あなた達に告ぐ。まるまると太ったお婆さん、せめてやせ衰えてから、毛皮を着たおばさん、確かに冬のモスクワはさむいですが、人様に助けを乞うなら、服は選んで、物乞いをしましょう。そのままでは説得力がなさすぎます。
 あと、これはペテルブルクで見かけたのですが、犬に服を着せて立たせていたお婆さん。私はあなたが何を考えているかまるで分かりません。犬がいやがって吠えていました(また、その服がひらひらのフリル付きでした)。

追伸 以前の投稿「ロシアから2」で、「ズベズダ」の複数形を「ズベズティ」と書いてしまいましたが、「スビョズディ」が正しいことが判明いたしました。修正をお願いいたします。「スビョズディ」なんか響きかいやらしいを通り越して、卑猥感じさえします。

 私もニュース番組でロシアの人を見るたび、貧しい言うてる癖に太ったやつばっかりやんけ、と不思議に思います。

シーズン物

2001/1/31
ずづさん

 先週の土曜日、東京にもかなりの雪が降って、うれしくってるんるんしながらスーパーに買い物に行った。すると、わたしを待っていたように、雪かきスコップが並んでた。
これを買わずして、21世紀の冬は迎えられん! スコップかついでまたまたるんるんして家に帰って、はりきって雪かきして、寝て、起きたらそとは晴れていて、雪は溶けていた。
 雪かきスコップはもう用無しで、玄関のオブジェと化してる。というと少しはおしゃれだけど、正直いうと邪魔。次のごみの日に出そうか、今年もう一回雪が積もることを祈ろうか、ただいま思案中。
 かわいそうなスコップ。
 でもきっとあたしのことだから、来年の冬も玄関のオブジェのままだと思う。雪のかわりにほこりかきでもするか。

 いざという時の護身用にでもしてください。兇器にもなるのでご注意。

心配事

2001/1/31
charlieさん

 ある金曜日、いつものように自転車にのり、いつものように鍵をかけずに、駅の近くの公園に自転車をおいて学校へと向かいました。
 その日は行きつけの飲み屋に遅くまで居座り、マスターにアパートまで車で送ってもらいました。土曜日はずっと眠り続けて、あくる日の日曜日、自転車をとりに公園に行くと、そこには私の自転車はありませんでした。
 しかたなく私は実家に連絡し、帰郷したおりには使用する自転車を、送ってくれるよう頼みました。
 そして1週間後、目的の自転車が届きました。
 駅まで歩いて行くつらい日々のことを思い出し、そして、これからは、そんな日々ともさよならだと喜び勇んで、自転車をアパートの自転車置き場に持っていくと、何故かなくなったはずの古い自転車がそこにあったのです。
 一体、何が起きたのでしょう?
 20代にして惚けてしまったのでしょうか?

 自転車のほうが惚けてしまったのだと思います。

蛇。

2001/1/30
柏木郷さん

 さて、かなり前の話になってしまい申し訳ないのですが「蛇の回転」を友人に話して聞かせたところ、面白い証言が得られました。
 その友人には蛇が大嫌いな友人がいるらしいのですが、その人が急に蛇がダメになったそうです。で、理由はと申しますと……。
 彼女はある日、蛇を捕まえ振り回して遊んでおりました。しばらくぶんぶん振り回しているうちに、「ぶちっ」。蛇のしっぽが切れたそうです。しっぽが切れた蛇は、その勢いで彼女の首に巻き付いてしまい、さらにその顔がまさに目と鼻の先に近付きました。その顔が目を回しているせいでものすごく不気味だったというのです。以来彼女は蛇が苦手だとか。
 この話で「蛇も目を回すんだ」と知ったのですが、一体その顔はどれだけ不気味なのでしょう。少なくとも「首に巻き付かれた」ことで苦手になったのではなく、「顔が不気味だったので」苦手になったわけだから、かなりのものであると予想されます。
 「蛇の回転」の最後にでてきたおばちゃんの目に映った蛇の顔もやはり不気味だったのでしょうか……。

 眼を回している蛇の顔がどのくらい不気味か知りたいところですね。

おむすび

2001/1/26
yokoさん

 うらおぼえの不確かなはなしで申し訳ないけど、お握りとお結びの違いは命名の由来と聞いたことあります。
 関西地方がお結びといって、関東はおにぎりが多い。
 お結びは出かける人の無事を祈るんだかなんだか、なにかを(忘れててすみません)むすぶものでお握りは単なる文字通りの握りめし。
 握りめしじゃ、気合もはいらないとかいう記述を読んだことあります。
 関西の人が関東の人間を揶揄しているものでした。
 ご参考までに。

 ありがとうございます。
 柳田國男が、お握りとお結びの違いについて書いていますよね、たしか。と、確認せずに書いてから気づきましたが、この手の話、「と、柳田國男が言っている」とやると嘘でもかなりもっともらしくなります。ゲーテと並んで活用範囲が広そうです。
「うんことうんちの違いについては柳田翁の著書にもあるように云々」

駄目投稿

2001/1/21
コバヤシさん

 別に駄目というわけではないのでそれがまた逆に駄目なのだが先日僕が投稿したアメユジュ云々のアレにキース氏がマジメにレスしてるのはやっぱりちょっとかなりなことになっていると思ったのだ。それともそれさえもキース氏のお茶目なのかなと思ってもみたりしてオトナの世界は奥深いなと思ったのだった。

 あれについては確認して訂正するようなことを書いておきながら、結局何もしてないし、するつもりもありません。かようにもオトナの世界は深いのです。

冬の日の話 (タイトルだけ太宰)

2001/1/18
あいばまことさん

 先日、DIYの店で「灯油ワンタッチキャップ」を見つけました。ストーブなどの白灯油を入れるポリタンクのフタはねじらなければいけないので面倒ですし、手も汚れるのですが、このワンタッチキャップに付け替えればまるでシャンプーのフタのようにぱちんと容易に開けることができるのです。
 数日後、空になったのでタンクをクルマに積んでスタンドで灯油を入れてもらい、電器屋でイース2エターナルとルナティックドーン4のどちらを買おうか真剣に迷ったり、平日半額のハンバーガーとチーズバーガーを買ったりして家路に就きました。おや、油臭いなあと後を振り向くと、フタが見事に開いてちゃぷんちゃぷんとあふれた灯油が後部座席をぬらしています。
 あまりの寒さにふき取るのが面倒なので、揮発させようと窓を数センチ開けて一晩置いておきました。
 油臭いのは収まりましたが、クルマの内部にはうっすらと雪が積もっていました。

「灯油ワンタッチキャップ」は役に立たない、という話でしょうか。
 イース2とルナティックドーン4は、結局どちらをお買いになったのでしょう。私は最近やっとディアブロ2を買いました。

最近の私

2001/1/18
tomoringさん

 私はここ1ヶ月くらいの間、朝6時くらいに起きて午前11時になったら寝る。
 夜7時くらいに起きて夜2時くらいに寝る。
 と、いうような生活を繰り返しております。
 ねすぎです。
 でも、なぜか飽きません。
 噂のナルコレプシーでしょうか。

 ナルコレプシーというと色川武大さんのあれですね。あれは、幻覚見るやら何やらでかなり壮絶な病気のようです。単に寝過ぎというだけなら、別の病気だと思います。そう、寝る子レプシー。
 駄洒落ですみません。育ちすぎに注意してください。

片っ端から開けてみる

2001/1/13
トーストさん

 今年の正月は、「片っ端から開けてみる」正月であった。別にドラクエをやっていたわけではない。
 帰省したのである。親は年寄りである。正月の準備など遅々として進まないので私がやるのだ。しかし家を出て十数年、何がどこにあるのやら。片っ端から開けてみる。

 母は持病と加齢により手の力がなくなってきている。一日三回薬を飲む。そのプラスチックの薬箱が、固くて開けにくいらしい。一日三回、定期的に「開かない、きぃーっ」とヒステリーである。二、三日観察した後、「ではもっと開けやすい箱に変えればいかがでしょうか」と提案してみると、そんなことは考えつきもしなかった様でとても驚いている。こらあかん、と思った私は百円ショップに赴き、壁一面に積まれたプラスチックのケース類を、片っ端から開けてみる。「開け易さ」でこういうものを吟味したのは初めてである。

 両親ともに腰が痛いのである。もう何年使っているかわからないような2ドアの冷蔵庫を使っているので、「最近の冷蔵庫は引き出し式になっていて出し入れが楽だから買いかえればいかがでしょうか」と提案してみると、そんなことは考えつきも以下略。仕方がないので買ってやることにして電器店に赴き、たくさん並べられた冷蔵庫を片っ端から開けてみる。「開け易さ」でこういうものを以下略。

 ああ、バリアフリー、グローバルデザイン。それはとにかく「片っ端から開けてみる」ことから始まるのである。疲れた。これがほんとのあけまして、などと呟いてしまうくらい疲れた。

 私はCDをいつもそこいらにあるケースに適当にしまうので、かなりシャッフルされてしまい、お目当てのCDを探そうとすると一苦労です。やはり片っ端から開けてみるわけですが、トーストさんのはそれとは違いかなり生産的な「片っ端から開けてみる」で素晴らしいと思います。これからもいろんなものを片っ端から開けてみてください。

毛がはえる

2001/1/13
変な父親さん

 ウチの子(5歳・男)が、保育園で「ちんちん」という言葉を覚えてきた。
 皆さんにも多分経験があるだろうが、(特に男性の場合)面白がってその言葉ばかりを連呼してしまう時期がある。
 ご多分に漏れず、ウチの子もそうなってしまった。メシ食う時も、寝る時も、他人と会っている時もである。
 あんまりしつこいので、私のパンツをずらして(家の中です。念のため)こう言ってやった。「あんまりちんちん言ってると毛が生えるぞ! ほれお父さんをみろ! うわーお父さんもちんちんって言ってばかりだから毛が生えた〜! お母さんどうしよう!」そして、さすがはウチの奥さん、「きゃ〜助けて〜! お父さんのおマタに毛が生えた〜!」
 その様子を見ていたウチの子は、「うわ〜! うわ〜!」と慌てて、少し泣いてしまった。
 それ以来、少しはおさまったが、たまに自分で言ったあと。「ちんちんばかり言ってると、髪の毛がはえるんよ〜」と言っている。思いつきでこんな事をやってしまったが、果たして良かったのだろうか? トラウマになったらどうしよう。

 保育園で覚えた、ということは保母さんに教わったんですね。私も教わりにいきたいと思います。

ものすごいことになっている

2001/1/13
てんさん

 オリジナルドメインになってからスタイルシート使ってるようですが、マックのネットスケープ(4)だと、スタイルシートはうまく表示されないんです。
 それで、ペンギン………ものすごいことになってます。えぇ、そりゃあもう、ぱたぱたと。
 つい、わざとなのかと思ってしまいましたってば。

(WINのIE(4)、NN(4)ともに確認したら問題なかったんで投稿します)

 スタイルシートは、たしかに未対応(部分のある)ブラウザをお使いの方にご迷惑おかけしている部分あるかもしれません。NN4/Winなんかも、かなり変になりますね。同じことやるのに、1.2em なら駄目で 120% なら大丈夫とか。
 スタイルシートで変に見える環境の方は、スタイルシート対応オプションをオフにしてください。お手数ですが。
 逆に、Lynxでもw3mでもいちおうきっちり見える作りにはしているつもりです。
 ああ、偉そうですみません。生きててすみません。

ロシアから2

2001/1/10
ジュンイチさん

 だいぶ前の投稿にあったロケット「ズベズダ」にちなむ話ですが。「ズベズダ」はロシア語で星を意味する普通名詞なので、頻繁に目に(耳に)します。
 たとえば
 銀幕のスター達=ズベズドゥィ・ナ・エクラーネ
 複数形になると響きがよけい嫌らしくなります。
 ちなみに似た響きの単語で「ピズダ」があります。これ放送禁止用語なのですが。いみは関西弁で「おこめ」の「こ」と「め」を入れ替えた時と同じです。
 私の名字「エビハラ」なのですが、「エビ」が、スラブ語ではやばい響きだそうです。この前ポーランド人に教えたら大受けでした。スラブ語恐るべし。

 イタリアで「カツオ」がやばいというのはよく聞きますね。紅萬子さんがNHK出演時だけは「よろずこ」と訓ませているとか。ボボ・ブラジルが九州興行で名前を変えたのも有名ですね。あれは何と変えたのでしたっけ。
「ほぼブラジル」だったかな。ちょっとボリビア。ニュートンジョン。

ロシアから

2001/1/10
ジュンイチさん

 この前プーシキン広場で出会ったダメな人たちについて紹介させていただきます。
 モスクワでは有名な「ヨールキ・パールキ」というお店で夕食を済ませた僕はデザート代わりのロシア風クレープをかじりながら、プーシキン広場にある食料品店に向かいました。店先には小汚い格好をしたお兄さん達が5人ほどたむろしていて、なにか僕の方を向いて合図しています。僕が用事を済ませて店から出ると、その中でも一番みすぼらしい格好をしたおじさんになりかけのお兄さんが目を輝かせながら僕の方に近づいてきました。
 僕はかなり早足で歩いていたのですがお兄さんは一歩も遅れずに付いてきます。そしてお兄さんはおもむろに
「そこの若い人、私に二ルーブルくれないか?」 と話しかけてきました。そんなものさらさら上げる気はなかったので、「申し訳ないけど、ロシア語、話さないの」
 と英語で答えました。そういっているのにお兄さんは
「二ルーブルくれないか? イエス?」
 となぜか「イエス?」だけ英語で聞き返してきました。
 僕は一言
「No!」
 と答えて、その場を去りましたが、僕ら二人はかなりの早足で歩いていたのでお兄さんが引き返す頃にはプーシキン広場の端まで来ていました。
 あんた、二ルーブルって、日本円で八円弱だぞ。ロシアは物価が安いと言ってもビール一本が十五ルーブル、日本円で約六十円だから、ビール一本かうのに、八人の人からもらわなければいけないじゃない。いくら何でも非効率すぎると思うのですが。二ルーブルで買えるものって、バラ売りのタバコとマッチぐらいしか思い浮かばないのですが。
 なぜかロシアではみすぼらしい人が具体的にお金をくれ、と言うときには「二ルーブル」と言うのが多いような気がします。なぜなんだろ。この前も地下鉄の駅前でホットドッグを食べていたら、汚らしいおじいさんが、「そこにいたければ、二ルーブル払え!」とわめいてきましたし。まるで理解できません。せめて五ルーブルだったら、ピロシキが一個買えるのに。ロシア人は謎が多いです。

 きっとロシアの人は、数字を「一、二、たくさん」としか算えられないのだと思います。一、二の次は髪の毛をがばと掴んで「たくさん」という他ないのでしょう。

第九回

2000/12/17
コバヤシさん

 なにが駄目かと言うと今日は試験であったし月曜日も試験であるのに投稿をしている事自体駄目なのだけれど、それ聞か第9回の最後の「あめじゅとてちてけんじゃ」をみて 『あ、「ゆ」が足りない』『あめゆじゅとてちてけんじゃだ』などと思ってしまったのがちょっとかなりなことになっていると思ったのだ玉子ちゃんだよ。

 手元に「永訣の朝」がないので未確認なのですが、うろ覚えで書いたので「ゆ」がある方が正しいのですね。ありがとうございます。
 掲載遅れてすみません。試験は大丈夫だったのでしょうか。


1997年 − 1998年 − 1999年 − 2000年 − 戻る − トップページ 


文責:keith中村
webmaster@sorekika.com