1998年のダメ投稿


戻る − トップページ


ゆたんぽ

1998/12/14
ずづさん

 ずづです。ご無沙汰してます。ダイエットできませんでした。
 それどころか増えました。おとといまで泣いて暮らしたんですけど、そんなんじゃサンタさんが来ても「なぐごはいねが〜」と脅されるだけなので、しかたなく大掃除をはじめました。

 んと実はデスクトップのパソコンをキッチンのダイニングテーブルに置いてたんですけど、小さなテーブルなのでパソコンだけでいっぱいでした。ご飯食べるところがなくってさびしかったので思い切ってパソコンをおろしてちゃんとご飯が食べられるようにしました。
 え? まだ食うのかって?
 けっ。

 んでね、おろしたパソコンの置き場所がなくってしかたなくキッチンと部屋の間のふすまの前に置いたんですけど、邪魔なんです。またがないと部屋の移動ができないんです。これって朝のあわただしいときはとても危険なのでどうにかしようと思って、他に置く場所を探したらありましたよぉ。絶好の場所が。
 それは、布団の上。すんごいの。暖かいの。ゆたんぽいらず。
 朝目が覚めたときに、起き上がらなくっても親指(もちろん足の)1本で立ち上げられるし、一人でさびしいときは吉川晃司のスクリーンセーバー動かしてれば幸せだし。
 ねね、善い事尽くめでしょ。
 ちょっと寝るとこ狭いけどさ。
 あと、布団をたたむのが面倒臭くなるのが、ちょっと難点。
 ちょっとね。
 ふふ。

 これはこれは久しぶりのずづさんですね。ダイエットできなかった、ということですが安心してください。 'diet' という言葉のそもそもの意味は食餌療法です。つまり痩せる意味はないのです。食餌療法で肥っても立派なダイエットなのです。ね。ね。素晴らしいでしょ。
 ああ。いま、「けっ」って聞こえた気がしました。
 しかし、キッチンにコンピュータ置いているというのはかなりなことですね。蒲団の上もなかなかですが。
 そういえば、私の知りあいに、悪夢からうんうん唸って目覚めたら腹の上にテレビが乗っかっていた、という奴がいます。なぜかは不明だそうです。くれぐれも悪夢を見ないようご注意ください。
 なにしろ吉川晃司は暴力事件起こしてますから。

お砂糖ブルース

1998/12/5
ウニさん

 こんにちは、はじめまして。ウニと申します。初めて投稿するので少し緊張しています。
 たたりさんの塩のお話を読んで、私の一夏の甘酢っぱい思い出がよみがえってまいりましたので、つまらない話ですがお話したいと思います。

 その事件は私の所属する部活の合宿先で起こりました。腹を空かせた我々は昼食を求めて一軒のファミリーレストランへ入りました。私は日替わりランチをオーダーしました。それが悲劇の始まりだったのです。ランチを頼んだのはいいのですが、付属としてついてきたご飯が大量に余ってしまったのです。もったいない、と考えた私はいじきたなくも塩をかけて食べることを思い付き、それを実行に移しました。
 テーブルに備え付けの塩のビンを手に取り、ご飯の上へ私は思うさま塩を振りかけました。そして嬉々としてぱくり、と一口食べました。
 ……甘い。
 私はどうやら塩と砂糖のビンをまちがえてかけてしまったようなのです。私の顔は顔面蒼白となり、冷や汗が一気に吹き出しました。あまりのことに動けなくなっている私に、後輩がそこで一言。
「先輩、それ砂糖のビンですよ」
 ……気づいてたんなら先に言ってくれればいいじゃないかー!!
 それにデ○ーズ、塩より砂糖のビンのほうが大きいなんて反則だー!!
 というわけで、コーヒーが駄目なんだけど仮病を使いたい、と言う方。
 ぜひご飯にお砂糖を思いっきり振り掛けてください。口の中でじゃりじゃりする感覚がまた冷や汗をそそります。
 それでは、長くなりましたが、このへんで……。

 先日のたたりさんに次ぐハウ・ツー・仮病の投稿のようです。
 しかし、フツー砂糖の壜の方が大きくありませんか。ううむ。違うのかなあ。

サークル活動における行動

1998/12/3
赤い靴さん

 溜め息をつきつつ練習が始まり、途中で居眠りをし、終わって外に出た途端ハイになりゲーセンに駆け込むのは、良いでしょうかダメでしょうか。

 短い質問なんで、短く回答しますが、良い、でしょう。ただし、DJになりきるあれは不可とします。そういうことに決定。

師走になっておもふコト

1998/12/3
赤提灯さん

 はじめまして。いつも愛読させていただいております。某埼玉僻地人です。
 今年も残すところあとわずかとなり、カレンダーの購入を考える時期になりました。しかし、本年度になって重大な事実に気づきました。ふとカオをあげるとまだ一月のままのカレンダーがこれ見よがしにぶら下がっています。トイレに入ると2月のままのカレンダーが見つめています。机の上の日めくりは一月十四日のまま黄ばんできています。本当は一月三日で挫折したのですが、三日坊主では癪だと一月十四日に気づき、まとめてめくりました。
 私の部屋にあるカレンダーで唯一めくられているのは某著名女優カレンダーのみです。はやるこころをおさえきれず、ひっぺがして並べてはりつけてあります。

 今年はシステム手帳の購入を予定していましたが、予定のままあと一ヶ月で今年も終了です。一生必要なさそうです。
 もう駄目なのかもしれません。
 あと数ヶ月で社会に出る身なのですが、適合できるか心配なけふこの頃です。

 以前にもカレンダーをめくらない人がいましたね。
「もう駄目なのかもしれません」とありますが、間違いなくそのようですね。
 でも、心配いりません。私もいちおう社会人といわれる身分ですが手帳持ってません。会議のときは、白い紙をメモ代わりにしてますが、それだって何も書いてません。書いていないと、ちょっとぎろりとにらまれたりすることがあるので、そういうときだけはペンを持ちますが、実は書いているふりして紙に連射しているだけです。
 だから、あなたも心配はいらないと思います。

おしお

1998/11/28
たたりさん

 初めて投稿するです。たたりと申します。
 ぼくは全然だめ人間ではないので、こんなところに投稿して良いものかどうか悩んだのですが、やっぱり気になったので投稿します。

 僕が気になったのは他でもない、珈琲とワッフルに付いてきた塩の使い方についてです。コーヒーはカタカナよりも断然漢字で珈琲と書くのが美しいですね。その点、紅茶はカタカナで書いたらばかみたいだし、漢字もなんか普通ですね。日本で紅茶があまり好まれない理由はここら辺にあるのでは? と考えると夜も眠れません。ええ、紅茶大好きです。
 で、塩なんですけど、コーヒーに入れてあげて下さい。やったことあります。まずいです。たまらんです。顔が一気に青ざめます。仮病の時などには欠かせないのではないでしょうか?

 自分だけこんな物を飲むのは納得が行かなかったので研究室の砂糖入れの中身を赤穂の天塩に入れ替えておきました。しばらくしたら先輩の悲鳴が聞こえて顔色がやっぱり真っ青になっていました。やっぱりね。だから、塩は珈琲に入れて下さい。塩をかけたワッフルなんて食べたくありません。お断りです。

 珈琲のレシピ(一人分)書いておきます。ぜひ飲んでみて下さい。

  インスタントコーヒー……適量
  クリープ……適量
  食塩……茶さじ二杯
  お湯……一カップ

 まずお詫びしておきますが、わたしはワッフルなるものを食したことがないので、塩がついてくるかどうかわからないのですが。
 コーヒーはたしかに漢字で書くといいですね。森鴎外はくちへんに「加」、くちへんに「非」でコーヒーを表記してたと思います。ああ、フォントがないってつらい。どうなるunicode。そんなことはどうでもいいのですが。
 ところで、前書きで躊躇しておられるが、あなたも立派に駄目人間でしょう。でなきゃ、ここじゃなく「いたずら倶樂部」に投稿してるはずですから。
 とりあえず、仮病のときには使わせてもらいます。
 余談ですが文字コードといえば。がんばれTRON。がんばれ坂村さん。

カレーですねん

1998/11/28
kazu-pさん

 どうも。このコーナーを使うのは初めての経験でございます。
 あたいがこの前、大司教様やその手下の方に連れられて、インディーなるカレー屋さんで開催されたカレー教祭典の時のことです。あたいはカラアゲも好きです。もっと言うと牛丼も好きです。なので、「カラアゲチキンカレー」を発注したわけです。おまちどうさま、という言葉と共に目の前に運ばれてきたカレーは、どうもカラアゲではないのです。ただのチキンなのです。
「おかし〜な〜? これ、カラアゲされてるのかなあ?」と思いつつも、
「ぱくぱく、うまいっすよ、インディー」
 と食らっておりました。横目で見ると、手下その一のかたの「カラアゲトッピング」は見事にカラアゲです。そりゃあもう、紛う事無きカラアゲです。
「おかし〜な〜? あれはカラアゲだよなあ? あたいのチキンは裸でいやんいやんだよなあ。」
 と思いつつも、
「ぱくぱく、ふう、うまいっす。いくらでも食えるっす。」
 と貪りつづけました。
 こんなあたいは、きっとダメ人間でしょうね。あたいに、
「くぉら〜! これはただのチキンやんけ!!」
 と絶叫する勇気があれば、また違った人生になっていたのではないかと思います。
 だからあたいは牛丼教に手を染めてしまったのでしょうか?

 註釈を加えますが「手下その一のかた」はふかだADであります。私はこの部分に大笑い海水浴場でした。
 ちゃんと注文が通っていなかったのでしょうか。それとも牛丼教代表だということがばれていて、いじわるされちったのでしょうか。
 でも、おいしかったでしょ。また行きましょうね。

ダメでなくバカですがお許し下さい。

1998/11/25
戸板さん

 先日会社のPCに友人から「本当ですか???」という件名で下記のようなMailが送られてきました。私は先月の10月から新しい部署に異動したてで、仕事を覚えながら10歳も歳の離れた22歳の派遣さんを教育するという、非常に非情な環境で仕事しているダメ人間です。どうダメか、といういうよりは、いかに「バカか」という方向に話が行ってしまうので省略したいと思います。とにかく、精神的に切羽詰った状況の中で読んだ「ハナゲ」が私にとって一服の清涼剤になったので読んでみてください。   ■痛みの基準は鼻毛(Medical Science World)

 日本や欧米各国の政府は、来年から痛みの統一単位、「ハナゲ」を採用することを決めた。ニュートン、ヘクトパスカルに続く新単位の登場で、医療機器や薬品のメーカーは対応に追われている。

 国際標準化機構(ISO)によれば、1ハナゲの定義は「長さ1センチの鼻毛を鉛直方向に1ニュートンの力で引っ張り、抜いたときに感じる痛み」。大気汚染と鼻毛の成長速度の相関性について研究していた永井花外・室蘭市立医科大学助教授が、二年前、鼻毛を鉛直方向に抜いたときの痛みに性別差や個人差が全くないことを偶然発見したため、この基準が採用された。

 これまで、痛みについてはその程度を示す明確な数値がなかったため、「子供を産んだときはすごく痛かったわ」「痔の手術のあとの抜糸は痛いなんてもんじゃなかった」「ムチがいいか、ロウソクがいいかと問われれば、私は迷わずにムチを選ぶ」といった論争が起こっていた。「ハナゲ」の採用で、これらの無意味な論争にも決着がつくとみられる。
 中学生、高校生の間では番長選出制度の透明化への期待が高まっている。

 永井助教授によれば、麻酔なしで虫歯を抜いたときの痛みは500ハナゲ、タンスの角に足の小指をぶつけたときの痛みは200キロハナゲ、分娩の痛みは2〜3メガハナゲ程度だという(安産型骨盤の場合)。

 なお、日本政府では恥ずかしさの単位として、見知らぬ人の面前でお稲荷さんがぽろっと露出してしまったときの恥ずかしさ、「イナリ」を採用することも検討している。

 ええと。私にとっても鼻毛はかなり興味深い事象のひとつではあります。
 しかし「イナリ」はいただけません。そもそも女性には理解不能な羞恥でありましょう。
 ところで、この投稿の「痛さ」は250ハナゲくらいでしょうか。そういうことに決定。

いとしのあいまっきゅぅとアレルギィ

1998/10/31
いっしょうさん

 いやんいやん。いっしょうですぅ。
 ついこの間命を削る覚悟でかったiMac。んもうかわいくてかわいくてたまりません。ひそかに『あいまっきゅぅ(はあと)』などと呼んでしまってんもうらぶらぶです。

 で。
 俺はアレルギィ鼻炎持ちで,しょっちゅうくしゃみをしております。そりわどれくらいかというと,世の中の女性達全員が一斉に俺に惚れてしまったのでわっ! などと勘違いしてしまうくらい連発してしまいます。へっくしょぃ。ずびー。

 で。
『あいまっきゅぅ(はあと)』の前に座り至福の時間を過ごしておりまいた。
 へ、へ。
『いかんッ。このままでは愛しの『あいまっきゅぅ(はあと)』に唾が飛んでしまふっ!』
 すかさず首を素早く横にむけまいた。どれくらいの素早さかというと,強風の時にとなりで見目麗しい女子の『きゃっ』なんていう声が聞こえてきた時くらいです。
 へっくしょぃグキッ。

……借金以外でも首が回らなくなりまいた。いやんいやんはぅぅぅぅ。

 お嫁さん自慢に続いては、いっしょうさんの「あいまっきゅぅ」自慢です。
 ったく、どいつもこいつも。あ、いやいや何でもありませぬ。
 のろけるのが流行っているのでしょうか。よく解りませぬが。
 ふん、だ。おれもそのうちのろけられるようになってやるっ(握りこぶし)。←やはりそうなるのか。
 お嫁さんと「あいまっきゅぅ」の両方を手に入れてやるんだもん。そうなんだもん。←やや退行している模様。

人妻のため息

1998/10/29
おりょうさん

 初めて投稿させて頂きます。
 私、この7月に結婚した、新婚ほやほやの人妻なのですが、私の夫という人はひどいんです。
 結婚前に実家にあいさつにいったとき、私が「不発弾の処理で電車が止まってるんだって」というと「えっ、ウサギ側?」とトンチキな聞き違いを自分でしておいて、「お前はなにを馬鹿なことを言っているのだ」と私ばかり責めるのです。
 結婚してからも、自分で嬉々としてカレーを作っておきながら、夏場に鍋に入れたままほったらかしにして、表面に白いものがびっしりとわいたのを「なんということをしてくれたのだ。もったいないお化けが出るぞ」と私を脅したり、寝坊してお弁当も持たずに仕事に飛び出しておきながら「今日はカレーパン2個も食べちゃったよ。オレもダメ人間の仲間入りかな」と帰宅後イヤミを言ったりするのです。
 こんな人と結婚してしまって本当に良かったのだろうか、とときどき自分の決断に自信が持てなくなります。

(代筆:いをり)

 おやおや、そうかと思えばいをりさんの奥様ではありませんか。
 なるほど、そういう内幕だったわけですね。おりょうさん、ごめんなさい。あやうくいをりさんに騙されてあなたをソクラテスの妻扱いするところでした。悪いのはいをりさんだったのですね。
 と思ったんだけど、よく見たら(代筆:いをり)ってあるじゃないですか。
 ああっ。やられた。結局またのろけじゃねえかっ。
 ふん、だ。おれもそのうちのろけられるようになってやるっ(握りこぶし)。

カレーパン

1998/10/27
ジャッキーさん

 セブンイレブンの「焼き立て直送便・たっぷりビーフのカレーパン」が好きです。愛しています。ところが、近所のセブンイレブンときたら、二個くらいしか仕入れやがらないのです。
 一日の始めにカレーパンが食べられないと一日中ブルーなので、早起きしてコンビニに行き、店員が配置するが早いか奪い取るように彼女(カレーパン)をレジに持ってゆく毎日です。
 一遍に二個買ってしまうのも時間の問題でしょう。せっかくのダイエットも水の泡です。このまま彼女におぼれ続けていいのでしょうか。

 いをりさんに続いて、ここにもひとりカレーパンの犠牲者が。
 彼女に溺れ続ける、いいじゃないっすか。それもまた人生でしょう。
 余談ですが私にはカレーパンにまつわるトラウマがあります。
 幼い頃、母親に連れられてパン屋さんに行きました。「何にする」と母から訊かれた私は「カレー」と言いました。もちろん「カレーパン」の意です。
 ところが、母は「ぎゃははは。ここはパン屋やから、カレーなんかあるわけないがな。うひゃひゃひゃ」と爆笑しました。幼かった私はいたく傷つきました。
 そんなことは判っとるわい。推して測れよ、母。

駄目な時

1998/10/24
赤い靴さん

 はじめまして。
 昨年からこのHPを覗かせて頂き、ダメ雑文も全て読破した私ですが、投稿にだけは手を出しませんでした。まだ自分の駄目人間ぶりを認めたくはなかったのです。
 しかしやはりだめだめなので投稿いたします。
 どれくらい駄目かと言いますと、内容の無い投稿をするくらいには駄目です。
 まっとうな人間になりたいものです。

 内容がない投稿くらいではまだまだ捨てたものではありません。
 私など「内容がないよう」という駄洒落でたっぷり二分は笑ってられるくらい駄目ですから。
 精進してください。

カレー

1998/10/22
いをりさん

 このところ、毎日のようにカレーを食べています。
 職場のロッカーには、夜食用に「あ、あれ食べよ カレー&ライス」がいくつか積んであります。
 今日も昼食にカレーパンを2個も食べました。

 ダメ人間の仲間入り、でしょうか。

 いをりさんってば。あのね。いいにくいんですが。
 その。
 あの。
>ダメ人間の仲間入り、でしょうか。
 って。
 あのう。まだ仲間入りしてなかったつもりだったんですか。あなたという人は。
 ウェルカム・トゥ・ザ・ダメ・ワールド(都市伝説風に)。
 ところで、お嫁さんはどうしたんですか。ごはん作ってくれないんですか。
 まさか別居とか。

1998/10/20
ふくながさん

 先生は、CCDカメラと言うのを御存知でしょうか。
 僕が今年の6月に購入したNECのVS16Fに付いていた物なのですが、初めて買ったパソコンに何かあってはならぬと思い、今まで箱と一緒にしまっていました。
 新車を買って3ヶ月、ではないですが、ようやく慣れてきたので、"映像を映し出す能力(ジョジョ風)"を使ってみたくなりました。カメラを接続し、マニュアルを読みながら、いざ再生、のはずが映りません。
 カスタマセンターも、原因は判らないと言いました。仕方がないので、持込修理となりました。
 そして、無事に直って返ってくるはずだったのですが、家で開けて見ると、それは以前とどこか違うような雰囲気でした。カバーには、ディスプレイの痕があり、間違いなくぼくの本体です。せっかくだからと、水を絞った雑巾で本体を拭いてやることにしました。
 が、そこで意外な発見をするのです。
 正面から見て、右上の隅の辺りに小さな傷を発見したのです。これは、おそらく落とした時についたであろう傷です。一体誰が、何の為にこんなひどいことをするのか。

 金田一先生、お願いです。早く犯人を見つけて下さい。

 ええと。どうやら金田一探偵事務所と勘違いなさっているようであります。
 仕方がないので私が答えます。
「犯人はおまえだっ」
 ……。いかん。面白くありません。反省します。
 じゃ、もう一度。
「車掌は僕だ」
 こんなもんでしょうか。

 (無題)

1998/10/17
投稿子さん

 初めて投稿いたします。投稿子です。暗いです。
 勉強も1週間くらいしかせず受かる自信は全く無いのに公務員試験受けちゃいました……。
 試験を受けるというだけで、なんだか安心してたこんな自分って・・・ダメなやつ。

 ううむ。ここよりはむしろ「ダメ人間帝国」か、今はなき「ズバット解決悩みの部屋」が妥当な気もするのですが。
 私ごとですが、今度の日曜日「情報処理技術者試験」受けます。受けさせられます。
 勉強してません。大丈夫かな。大丈夫じゃないだろうな。
 私の友人に税理士めざしている奴がいますが、毎年試験に落ちて半年行方不明になります。放浪の旅に出るのです。風の噂では富士山の樹海附近に野宿しているとか。その暇に勉強すればいいと思うんだけどな。 

ちょっとした自慢

1998/10/9
えりさん

 こうゆうところへ出すのは初体験の投稿処女なので、ドキドキしております。本日はじめて拝見させていただき、その気になりましたのも、「土井まさる」の文字が目にとまったからでございます。

 わたくしは東京はO参道に勤務する者ですが、今年はじめ会社の隣に、くだんの「土井まさる」氏が引っ越してらしたのです。コンクリート打ちっ放しのおしゃれな3階建て、しかも二世帯で同居、さらに一面ガラス貼り……。
 そうです、土井まさる一家の生活がまるみえなのです!
 ベッドはダブルだとか、異常な傘持ちだとか、今日は孫がよく泣くとか……。手に取るようによーく分かります、もう気になってしかたありません。

 そればかりかわたくしは、一家が来る前、土井邸とは知らず密かにお隣に上がってみたりもしたのです。するとコンクリがまだ生乾きで、コートにべっとりついてしまったんですの、その……コンクリが。
 はじめは鳥のフンかと思いましたわよ!
 左官屋の友人によれば、コンクリは洋服についたら落ちないそうです。それは業界の常識なんですって。
 く、くそ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ。
 あ、すみません、ちょっと取り乱してしまいました、おーっほほほほほほほほ。
 やっぱり、忍び込むなんてことは、オトナの女のすることではなかったのでしょうか。

 しかし土井邸のコンクリの壁には、今もわたくしのコートの跡がついているやもしれません。
 それが、ちょっと自慢……。

 あのですね、処女投稿というのをわざと投稿処女などと言って、そんなことで私が動揺するとでも。どきどき。
 それにしても土井まさるで「ちょっと自慢」というのはかなり駄目なんじゃないかな、とも思います。
 しかしここで問題になるのは「土井まさる」がどちらの土井まさるか、ということですね。料理の人の土井まさるか、テレビ・ジョッキーの人の土井まさるか、それが問題です。さらに問題になるのは、どちらの土井まさるだったらより駄目かという点でもあります。
 そんなわけで、えりさん頑張ってください。家宅侵入罪だけは気をつけてくださいね。

塩の使い道

1998/10/8
時の翁さん

 うーん、やっぱり前回は甘かったですか。んじゃ違うお話を。

 それは、知人と喫茶店に行ったときのことです。
 私たちは、コーヒーとレモンティ、それにワッフルの盛り合わせなるものを注文したのです。ところが、何故かそれと共に「塩」も運ばれてきたんですねぇ。
 塩。しお。コーヒーやレモンティには使わないでしょう。ワッフルだって、普通の人は塩かけたりしないと思うぞ。私たちは悩みましたよ。

 しばらくして、「塩」と「空になったコップ」そしてレモンティに入っていた「レモンスライス」を見て私はひらめきました。
『なるほど。塩の使い方がわかったぞ』

 私たちがその喫茶店を去った後には、スノースタイルが施されたコップが残されていたそうな……。

(注)スノースタイルとは、ソルティドッグに代表されるように、グラスの縁をレモンで濡らし、そこに塩をつけた装飾のこと

 ちょっと待ってください。ええと、気を落ち着けますから。
 ええっとね。まさか、私が間違っているとは考えにくいのですが。えー、つまりですね。
 間違ってるのは時の翁さんですよね、ね、ね。私じゃない筈だ。ううむ。
 ああっ。言いにくいなあ。ええいっ。言っちゃえ。
 ワッフルって塩かけて食べませんか、皆さん。

命を削って

1998/10/4
いっしょうさん

 貯金はありません。
 毎月食費が足りなくなって困っています。
 今月の給料が25万でした。
 なのに,20万でiMacを買ってしまいまいた。
 そろそろ衝動買いの癖をなおさないと命はないとおもえ。←俺向け私信

 インターネットの即時性はものすごいもので、この話はすでに皆さんご承知かと思います。←いっしょう君が自分で喧伝しまくってるからではないですかっ。
 私は思うのですが、そろそろ「いっしょう保護共同基金」を発足させる時機ではないでしょうか。『いやんいやん』普及推進委員会も、カレー教も、牛丼教もそれぞれに素晴らしいのですが、それらには何ら「実」がありませぬ。
 さあ、みんなで「いっしょう保護共同基金」活動です。なに、難しいことはありません。彼に飯を奢るのです。あるいはプレステのソフトをあげるも可。どうやら彼にとってプレステのソフトは兌換紙幣であるようですから。
 そして、彼が日本一の大スターになった暁には、みんなして「A−side伝説」というテレビの特番に出て口々にいうのです。「いやあ。彼が若いころには、おっちゃんらが飯奢ってやってのう。いやはや、大物になったもんじゃ。おっちゃんはほんまに嬉しい」そして落涙。
 どうですか。
 実現させましょう。
 そのためにも。ええ、業務連絡業務連絡、いっしょうに告ぐ。絶対日本一のミュージシャンになれっ。いいなっ。
 iMacなんか一度に100台買えるようになれっ。
 そして、1台頂戴ね。ゑへへ。

カレンダー

1998/10/4
時の翁さん

 初めまして。ちょっと書いてみようかなと思いましたので……
 なんのことはありません。一昨日、私の部屋唯一のカレンダーをめくっただけなのですが。とはいっても、9月の分ではありません。8月の、なんです。

 いちおう、すぐさま今月は10月であることに気づいたのですが、9月のページがかわいそうで仕方ありません。彼(?)は人生(??)を全うできたのでしょうか?

 時間というのは何て無情なんでしょう……。
 (自分が悪いとは微塵も思わなかったりする)

 私ごとですが、同じことをついこないだやりました。
 9月のあたまに、7月分それに8月分を続けて破ったのです。しかも職場です。私の直属上司二人はどちらも気づいていませんでしたから、私がまっさきに気づいて破ったことになります。
 それに、会社のサーバー室はほとんど物置になっています。情報システムの我々の誰ひとり「整理」という言葉を知りません。
 別にいいじゃないですか。時の翁さん、気にすることはありません。決してそれくらいではダメ人間ではありませんから。それは単に「なまけもの」という人種です。ちなみに私は両方兼ねているのでしょう。
 ヤノさんがいればいいんですけど(雑文館179回参照のこと)。

走馬燈

1998/9/12
ずづさん

 すいません。そんなに頻繁に投稿しているつもりはなかったんですけど、結果として続いてしまいました。わたしが悪いんじゃありません。投稿しない、他の方々が悪いんです。

 昨年の10月、健康診断に行きました。そこは5年ぶりに行った医者だったので、前回の記録欄に5年前のデータが載っていました。血圧はちょっと上がってますね。でも、大丈夫。その他の値はほとんど変化がありません。すばらしい。超健康!! な〜んて、健康診断の最後の問診で、お医者さんと笑顔で話していたわたしですが、突然データに釘付けになってしまいました。
 そして、5年前からその日までの日々が走馬灯のように脳裏によぎったのです。
「あ、この白血球の値は、ほら、風邪を引いてるんでしょ?そのせいですよ」
 医者がとりつくろいます。
「あ、まあ、確かに標準体重よりは多いですけど、おいおい減らしていけば、中性脂肪も低いですし」
 体重? そう、体重なんです。わたしは体重が多いのです。とても。そしてわたしは女子の人です。つまり趣味はダイエットです。この5年間、ダイエットをし続けました。ときにはあまりの辛さに涙しながらとにかくダイエットし続けました。それがっ! 同じなんです、体重が5年前と。100gの単位まで。

 走馬灯って見たことありますか? わたしは実物はありません。でも、自信をもって言いきれます。走馬灯のように5年の日々が横切ったのです。わたしの脳裏を。あの、辛く苦しいダイエットの日々を。それなのに、5年前と体重が同じ? ええ、そんなことってあり?

 と言ったところで健康診断の結果が変わるわけじゃなし、わたしは所見欄に書いてあった次の文に望みをたくしました。「次回までにあと3kg減らしましょう」
 3kg? ふっ。楽勝。そんなの2日で減るじゃん。

 ……そして、健康診断まであと2週間。あの日からわたしはひたすらダイエットに励みました。体重は、去年より3kg多いです? あら? ダイエットして何キロも減ったはずなのに、おかしいなぁ。昨年の目標値より6kgも多いんですよ。はっはっは。

ど〜しましょ??

 一段落目の奥ゆかしい発言がいかにもこの人らしく、微笑ましさを感じさせます。むう。
 体重ねえ。私はかつてはいくら食べても全然肥らない体質でして、しかも男子の人だったんで、体重には無頓着だったのですが、ああ、最近ちと、ねえ。ちょっと、ねえ。肥ってきました。いやんいやん。
 で、ずづさんの悩みも想像できるのですが。それにしても、ここは悩み相談の部屋だったかな。
 まあいいや。
 ね。ね。こう考えましょう。あなたはずーっとダイエットしてきた。もし、です。もしダイエットしていなければ、どうなっていたでしょう。ね。ダイエットすることによって、体重を維持できたわけですよ。してなかった日にゃ、そりゃもう、大変な。うむむ。もごもご。
 ね、そう考えましょう。私が褒めてあげますから。
 素晴らしいぞ、ずづ。凄いぞ、ずづ。偉いぞ、ずづ。負けるな、ずづ。あと2週間しかないぞもあるぞ、ずづ。

カビ

1998/9/10
にゃんじらさん

 もともと無精で横着ものなあげくに、めんどくさがりやなあたしは お掃除が大の苦手である。おまけに、自分の任務たるや、お当番な掃除場所の清掃を、怠ることもしばしばというか、確信犯で、掃除を挙行してないとも言う訳です。私の与えられたるお掃除場所は、半地下な状態の会議室である。ほとんど使われたりしないので、毎日毎日掃除機をかけるほどでも無いと思うのだが 調子に乗って図に乗ってほったらかしにしておると、たまの使用の際に灰皿の煙草が棄ててないだの、電気がついたままだったの、私の確認作業がないせいで、皆様には心地のわるい思いをさせることもしばしば……。まぁよいではないか、あははははっつ。などとのんきに構えておったらとうとう天罰が下った。
 同僚のつぼねに 当番表なるものを作成されてしまったのである。ふかくであった、もう少しぞうきんがけでもするふりしときゃよかった、とほほっ。其の当番表たるもの、私と作成者であるところの、つぼね殿の二人の名前が書いてあり、丸くてグルグル回るものである。グルグル回すのである、ぐるぐると。二人だけなのにぐるぐるである。まぁそれはよい。そういうわけで、つぼね殿の次がわたくし私の次はつぼね殿という具合である。なにしろ、つぼね殿はおそうじ魔である。お掃除大好きである。潔癖症である。どのように潔癖であるか、説明するのもとにかく骨が折れるのであるが、清掃用の洗剤の類の殆どは、知りつくし、どれが優秀な製品であるか、つぼねに問うと比較対象形式値段までも、そして何処の売り場が安いなどとするりと返答いたす。恐るべしつぼね殿。くわばらくばら。
 そういうわけで、お当番なのである。お掃除やってます! まじですあたし。いつもより念入りにやっております。しかし13連休もの夏休みをおうかし、またまたいつものように、だらだらと仕事につくようになるとすっかりまた、お当番たるや会議室の存在さえわすれちまうのです。先週などは、つぼね殿はひとより1週間も多く休暇をおとり遊ばしていたので、願わくは私のお当番への緊張感と任務遂行の危機管理をすっかりこころのそこから、忘れていたのでございます。そして昨日ようやく、お当番の危機感を思い起こし、20日ぶりにガラガラっと会議室の扉を開いたのでございます。もちろんお掃除のこころです。やるときゃあたしだってやりますのよおそうじ おそうじぃ♪
 なんか、鼻につきます。ぷんっ。「ん?」なんだろ? へんだな? しばし理解出来ませんでした。何がおこっておるのでしょう。濡れぞうきんなどを片手に、革張りの椅子などをふき掃除しようとすると、ぬあぁぬあぁなんと黒いその椅子が、粉をふいているではありませんか、こふき芋のごとくにそれは、まぎれもないホコリなんかじゃございません。あぁ〜なんてこったい! 20日あまり空気のよどみ切ったこの会議室で、胞子が育ち分裂して、カビなるものが大発生しておったのです。とともに臭気のごとく部屋中に、カビ臭さが漂っておりましたのよ。げほげほっ! これは一大事です。見回すと、きゃぁぁぁぁ。そこいらじゅうのかべが粉をふいております。このような醜態がつぼねにばれては、わたくしの命もございません。ここはなんとしてでも、ばれずにお掃除せねば……。げほっつげほっつ。
 あわてて窓をあけて換気すると「ぷぅぅ〜ん」と今度は蚊の大群です。あぁ〜ん! なんだよそんなぁ。わたしの腕や足より、人妻の生き血を食して、おまけに掃除の邪魔をするにっくきやつら、こうなったらエアコン オンです。窓をしめます。スイッチとともに……吹き出てきたのは、この世のものとはおもえない臭気。げほっつげほっつだめです。がまんできません。ぜんそくになっちまいそうです。どうにかこうにか、蒸しぶろ状態の密室な会議室の壁を、カビなるこんせきを抹消すべく、ふき掃除を念入りにおこない、あせだくで掃除機をかけましたのよ。あわれです。とほほです。就業時間はとっくに1時間も過ぎております。なんとかつぼねには、ばれずにすんだもようです。よかったぁ。やれやれです。
 ほどよく疲労をかんじながら、よくやったと自分をほめてあげたいとか訳の解らぬ事を思いながら、ほっと家路にたどりつき、サンダルなる夏物などをしまおうかと、玄関で靴箱を明けた瞬間でございます。そうですそうなんです。あの臭気が甦ってまいりましたのよ。うぎゃ〜〜〜〜〜〜〜っつ。ひーるのかかとに、粉がふいております。お気に入りのスエードの靴は、見るも無残です。だんなさんのツーリングぶーつは、腐ったミカンのみどりいろです。あんあん かみさまぁ かび様ぁ……あぁ〜〜〜〜〜ん。

 それにしても私のページを読んでくださっている方にはどうしてこうも不精な人が多いのでしょうか。ああ、そこのあなた、言わないで言わないで。類は友を何とやら。そんなことは聞きたくない。聞きたくないの。
 しかし、会議室って、かなり無機的な場所だと思うのですが、よく黴なんて生えましたね。黴を褒めてやりたいっす。
 それにしても換気のため窓を開けるや否や今度は蚊の攻撃を受ける、なんざ、まるっきり漫画のようではありませんか。駄目人間は得てしてこういう漫画的な展開を日常に体験するもんです。あ、いやいやにゃんじらさんが駄目人間とは言っておりませんが。もごもご。 

居酒屋

1998/9/5
ずづさん

 通勤途中に、4軒長屋があります。飲み屋が4軒並んで入っています。
 一言に飲み屋と言っても、さまざまなジャンルに分かれています。
 パブ、スナック、居酒屋、小料理屋、バー、キャバレー……。その4軒もすべて違う種類なのですが、それがちょっと複雑なんです。
 一番手前の店は和風スナック。次が洋風居酒屋。その隣が和風居酒屋。一番奥が居酒屋。この4つの看板を見るといつも混乱しちゃうんです。
 和風スナックと洋風居酒屋はまだ、わかります。いや、本当はわかってはいないのかもしれませんが、なんとなくイメージはできそうな気がします。ちょっとひっかかるのが和風居酒屋です。隣が洋風居酒屋なので、あえて和風居酒屋と断ったのかもしれませんが、居酒屋って普通和風じゃないのか?と疑問が生じます。
 そしてとどめは居酒屋です。
 普通に1軒だけ居酒屋があれば、これはもう、なんの変哲も無い居酒屋です。まったくもって問題はありません。しかし、洋風居酒屋、和風居酒屋ときた後の、無冠の居酒屋となると、これはどういうことなんでしょうか? いったい店内はどうなっているのでしょうか。出てくるお酒は? おつまみは? いや、もしかしてそういったシステム自体がまったく考え違いなのでしょうか?
 毎日その前を通るたびに不思議で不思議で仕方なくて、片っ端から入って確かめてみたいのですが、イマイチその勇気がありません。
 あああ、なぞだ。

 ずづさん三連発となりました。ジェットストリーム・アタック状態です。
 かつて、ザ・バンドというバンドがありました。バンドの中のバンドというのでしょうか。そういう意味を込めての命名だったのですね。
 そして、また。
 'zoo'と言えば動物園を示す一般名詞ですが、これが 'the Zoo' となると大英動物園を示すことになります。そうです。唯一にして無二のものには敢えて形容する言葉が必要ではないのです。
 上記のことをあてはめれば話ははやい。そうです。その居酒屋は「大英居酒屋」なのです。ええそうですともそうに決まっていますったら。
 解決しました。そこは英国風なのです。執事がいるのです。髯なんかも生やしているのです。
 そして店長はゾラ。そういうことに決定。

あの頃は若かった

1998/9/2
ずづさん

 すみません、前回は調子こいて長文を投稿してしまいました。
 おまけに他人の投稿をネタにしながら作者を間違えてしまうという大失態をおかしました。くすん。添削してくださればよかったのに。
 べそべそ。まっきーさんごめんなさい、いをりさんごめんなさい。反省して今日は短めに。

 台風がなんとかそれてくれてよかったです。大雨、恐かったです。住処の近くの川も、夏に花火大会をやった河原が水の下でした。もう、今年は台風は来なくてよろしい。

 高校生の頃、東京に台風がやってきました。日曜日です。わたしはそのとき自宅から徒歩10分のところにあるスーパーでレジのバイトをしていました。日曜日は人手が足りないから台風くらいで休んじゃ申し訳ない、と、決死の覚悟でスーパーまで歩いていったんですけど、社員の人に「こんな日に何しに来たんだ。こんな台風の日に客は来ないから店も開けない。危ないからとっとと帰れ」と追い返されてしまいました。確かに危ないです、外は。持っていた傘は瞬時に骨だけになってしまいましたから。
 その危ない外を歩いてまた帰れというのか……とちょっと泣きそうになりましたが、かといって店にいてもしかたないので、10分前は傘だったものをひきずりながらまた家に戻ったのでした。

 ずぶぬれになって戻ったわたしを母はとても暖かく向かえてくれました。「あら、早かったのね。え? 臨時休業なの? やっぱり、そうじゃないかと思ったのよ。この暴風雨だもの。行く前に電話で確認すればよかったのに」

 そういう事は、先に言ってください。

 水害といえば、関東方面はたいへんだったようですね。大阪ではまったく何ともなかったので、対岸の颱風状態でしたが。
 恐らくずづさん、あなたはちっともダメ人間ではないのでしょう。そんな暴風の中を押して出かけるなんて、ダメ人間にできましょうか。私ならまっさきに電話確認します。ダメ人間でない、ああ、素晴らしいことです。
 でも。
 喰いもんに関してはあなたはダメ人間です。たぶん。きっと。絶対。

 (無題)

1999/8/23
ずづさん

 またやっちゃいました。どうしてわたしはこう意地汚いというか食い意地が張っているのでしょうか。
 出社して始業のベルが鳴ったのでわたしは気合を入れて夕飯に何を食べようか考えていました。「ん〜、グラタンが食べたいなぁ」よし。じゃあ、ちょっと高級な、百貨店系列のスーパーで売っているグラタンを買って帰ろう。
 そこまで考えたとき、何かが脳裏を横切りました。「そのグラタンは、昨日も買った」そうです。確かにわたしは昨日そのグラタンを買いました。そして夕方6時食べるべくして電子レンジで温めて……温めて?
 食べた記憶がありません。電子レンジから出した記憶もありません。ってことは、グラタンはまだ電子レンジの中? それ以外考え様がありません。昨夜は熱帯夜でした。電子レンジの中のグラタンも熱帯夜だったはずです。今日の予想最高気温は30度。締め切ったアパートの部屋ではもっと上がると思われます。「ま、食べるのは無理だな」わたしはそう判断して、やはり今日もグラタンを買ってかえる事にしました。しかし、さすがに高級スーパーのグラタンを買うのはなんだか悔しいので、普通のスーパーの2個五百円冷凍グラタンを買いました。

 家にもどり、電子レンジの中を覗くと、ありますあります、グラタンが。そして、ふと思ったんです。「本当に腐っているだろうか?」と。恐ろしいですね。真夏のくそ暑いアパートの一室に24時間放置されたグラタンに対して、腐っているだろうか? 疑問を発してしまうのです。そしてさらに、「腐っているなら、フツフツとなっているはず。ちょっと様子を見てみようかなぁ」などと、まさに腐ってなさそうだったら食べるぞ的な思考を始めてしまったのです。代わりに食べようと、冷凍グラタンを買ったにもかかわらず。
 そこまで考えてしまったらもうとまりません。だって、ただのグラタンじゃないんです。高級スーパーのお惣菜コーナーで買ったとてもおいしそうなシーフードグラタンなんです。もちろんお値段だって高級なんです。それを腐っているとしっかり見極めないで放棄できますか? できませんよ。あたしゃ一般庶民ですもん。

 まずは見た目です。カレーやシチュー系は夏に放置しておくと、フツフツと何かがわいてきたようになります。まっきーさんの凶の料理状態です。グラタンもシチュー系の食べ物なので、そこを主眼点としました。フツフツ。フツフツはないかねぇ、フツフツ。ありません。次はにおいです。臭いをかぐにはラップをはずし、蓋を開けなければなりません。これはちょっと勇気がいりました。蓋を開けてクンクンします。クンクン。腐臭はないかねぇ、クンクン。ありません。其の頃からわたしの気持ちは【食べる】方向に傾いていました。しかしまだ、決断するにはデータが不足です。臭いは一般的に温めたときに強くなります。「温めてみよう」わたしは蓋をしてレンジに入れ、2分加熱しました。ピーピーピー。再度臭いをかぎます。クンクン。無い。しないんです、腐臭が。「これは食べられるっ!!」それでも一応端の方のマカロニを一口味見をしましたが、味に変わりはありません。やった。失ったと思った高級スーパーのシーフードグラタンが、見事わたしの元に戻ってきました。うれしい。わたしは感涙にむせびながら黙々とグラタンを食べました。

 そして、其の晩「食中毒にならないかなぁ」との心配から眠れなかったのは言うまでもありません。だったら食うなよ。代わりのグラタンまで買ったんだからさぁ。

 すみません。若干短くしました。といっても、あなたのグラタンへの熱き思いがいっぱいでほとんど切りようがなかったのですが。フツフツ。
 しかし、あなたって人は、大阪でいう「始末のいい人」ですねえ。標準語では「吝嗇」「せこい」というのかな。いやいや、失敬。いい意味です。褒め言葉です。
 また、代りに買ったグラタンでおなじことをやってくれたら、素晴らしいのですが。
 ところで、グラタンというと、私にはひとつ思い出があります。
 まだ幼いころ、グラタンという料理があるということを初めて知ったときのこと。母親に言いました。
「なあ。お母ちゃん。ぐらたん、食べたい。ぐらたん、いうのん作ってえな。ぐらたん」
 母はちら、と私を見ると、こう言いました。
「そんなもん、まだ日本に輸入されてない」
 てめえ、面倒くさかっただけだろ。

ああんああん。

1998/8/16
いっしょうさん

 いやんいやん。怖い話完結編怖かったよぅ。
 My母は霊感が強く,親戚や知人が事故にあったり亡くなったりすると夢に出てくるらしいのです。
 大学の研究室でお世話になった教授が海難事故にあってお亡くなりになったときは,その教授がズブ濡れの姿で挨拶に見えた夢を見たらしいです。 気になって朝刊をみると,社会面の片隅に小さく教授の死亡事故が報じられておりました。
 研究室から自宅に連絡が来る頃には俺はもう既に葬儀場所についていたという嘘みたいな話しです。
 かくいう俺は霊感はありません。
 ですが,しばらく墓参りに行かなかったある日。
 急にどうしようもなく眠くなって布団に入ったのです。うとうとしてたら急に体が重くなって,かな縛りみたくなりましたん。で。頬を数回なでられたような感触の後,体がいきなり天井に向かって持ち上げられるというか吸い込まれるというか,もうなすがまま状態でした。
 すげい怖かったので,墓参りにすぐに行きました。おわり。うふぅ。

 ちょっと掲載が遅れて申しわけありません。
 お盆休み特別企画にたいする投稿です。
 ええと、この体験は御先祖さまがあなたに何かを伝えるためのものでしょうね。
「いっしょうー。墓参りに来てくれないと、いやんいやん」
「いっしょうー。中古ソフト屋に走ってばかりじゃ駄目だぞー」
「いっしょうー。職場のノートパソコンにだけは手を出すなよー」
 ああ、なんと慈愛に満ちた暖かい仏の御心であることよ(咏嘆)。合掌。

聞いてください

1998/8/13
えむさん

 はじめまして。以前アンケートに投票した'えむ'でございます。女子の人です。何を隠そう、本日が誕生日でして。まあそれはどうでもいいんですが。本日の「寺」を読んでいて、ふと思い出したことがあるので聞いてください。
 私は学生のころ一人暮しをしておりました。
 あれは大学に入って半年ほど経った頃だったでしょうか。夜寝ていると金縛りに合うようになったのです。私はそれまで、金縛りが如何なるものか、まったく知らず生きて参りました。
「ほっほう、これか。」と最初のうちこそ余裕をかましておりましたが、だんだん無気味になってきました。そしてある夜、いつもよりきつめの金縛りが襲ってきました。ほんとにきついんです。声を出そうとしてもでなくて、体も動かなくて、「苦しいー」と思っていると、なんと部屋においてあった椅子が、音を立て始めたのです。それはちょうど人が座って、体重を前後に移動させているかのように「ぎぃ、ぎぃ」と響いてきました。ほんの1分間、否、30秒間くらいの出来事だったと思うのですが、私には永遠に続くかのように思えました。その後しばらく電気を消して寝られなくなったのは言うまでもありません。
 今になってみると、歯軋りでもしてたのかしら、とも思うのですが。体験の多そうなキースさん、いかがお考えでしょうか。興味ない? そんなことおっしゃらず。

 聞きましょう聞きましょう。興味ないわけがないではありませんか。何しろ女子の人からですもの。
 さて、ダメ投稿ではなく、恐怖投稿です。金縛りは確かによく会いますが、あれは脳が覚醒して体が寝ているというだけの話です。ええ、恐くありませんとも。あんまりよくなるんで、すっかり外し方のコツも判ってしまいました。小指とか、体の末端を必死に動かそうとしていると、そこからあっさり外れます。気分は引田天功です。
 ただ、金縛りの時に音が聞えるのはやばいよー、という話も聞きますので、投稿いただいたのは、やばいよー、という奴でしょうね。きっぱり。
「体験の多そうなキースさん」とありますが、ぼくはあんまり歯軋りしないっすよー。

注意不足な人

1998/8/12
ずづさん

 毒物混入ということで、常々恐いなぁと思っていたのは、スーパーの惣菜コーナーです。
 天ぷらやトンカツが無造作においてあります。自分で好きなものを好きなだけトレーに乗せてレジに持っていく方式です。今まで、毒物が混入されていた経験はありませんが、ガキがトンカツに指を突っ込んでいるのは目撃したことがあります。
 あれはきっと、鼻くそをほじくった指だと思います。
 危ない。絶対危ないぞ惣菜コーナー。
 そんなわけで今日も天ぷらを買おうと思ったんですけどやっぱりやめて餃子にしました。6個パックで250円の野菜たっぷり餃子です。250円なんです、いつもは。ところが今日は210円でした。おおお、特売なんだね。好きだよイトーヨーカドー。いつも品揃えが悪いなんてぶーたれてごめんよ。40円も安売りするなんて、太っ腹だなぁと浮かれて隣の餃子を見たら、250円でした。
 おや? と思いその上の餃子を見るとやっぱり250円です。6パックあるうち、210円は1パックだけでした。
 その瞬間、思いました。
 これは罠だ。毒入りに違いない。きっと250円のパックと違うところがあるはずだ。
 わたしは左手に250円、右手に210円の餃子パックをつかんで比較検討を始めました。ちなみになぜ右手に210円かとういうと、利き腕が右手だからです。まず、値札シール。値段が違う以外、製造年月日も製造元住所も電話番号も添加物も同じです。怪しい。トレイ。色、模様、大きさすべて同じです。怪しい。ラップの材質。専門外なので材質自体はわからないものの、ラップのかけかたは同じようです。怪しい。裏のバーコードシール。これも値段とバーコード自体の値段の部分の数字が違うだけで、あとはまったく同じなんです。ううう、怪しい。
 餃子の味。刺激無し。味の違いも無し。取りあえずヒ素とアジ化なんとかではない。具の様子。普段真剣に見たことがないので、違いがあるのかないのかわからず。添付のたれ(ラー油入り)。たれだけなめたことがないのでわかりませんでした。
 え? おまえは惣菜コーナーで味見までしたのかって?
 まさか。買ったんですよぉ。当たり前じゃない。40円も安いんですよ。

 わたしに明日はあるのでしょうか。

 で、一つお願いがあるんですが、万が一これが本当に毒入りでわたしがどうにかなっちゃったときには、原因は通常より40円安い餃子なわけですが、この餃子は15分もうんうんうなりながら比較検討した結果買った餃子ではなく、なにげなーく惣菜コーナーから手に取ってもちろん40円安いなんて気が付かなかった餃子ということで、よろしくお願いします。

 頼みましたよっ。

 ほんとうにほんとうに心配だったので、10日前に買った卵を生で食べておきました。毒を持って毒を制す。任せたぞ、サルモネラ菌。こんなに悩むなら、250円の餃子を買った方がずっとずーーーっとよかったなぁと、食べながら思いました。
 そしてさらに、あの餃子はやっぱり意図的に210円にされたんだけど、それはどっかの組織が、一般庶民の危機管理能力を試すための実験材料で、それをわたしがうかつにも選んでしまったのかもしれないなぁと思いました。
 今ごろ、【注意不足でまず最初に毒物にひっかかる人リスト】の指名1位に名前が記されているんです。それならそれでいいや。40円も得したもんねぇ。へへん。

 とりあえず書いときますが、この方は女子の人です。ここに投稿してくる人の共通点は、何故かみんな駄目であるということです。あ、当たり前でした。駄目なものを募集しているのですから。
「頼みましたよっ」
 誰に頼んでいるのですか。私ですか。判りました。任せてください。ジョニーが来たならそこのところうまく伝えておきます。
 しかし。10日前の鶏卵など、まったく大丈夫ではないですか。せめてひと月はおかないと。私の知人には、冷蔵庫に3年間鶏卵いれっぱなしの者がおります。振ると、からから音がするんだそうです。嫌な話です。
 子供のころ、道に落ちていたパンを食べてお腹がいたくなったことを不意に思い出しました。なんてことするんだ、子供というやつは。 

凶の料理

1998/8/6
いをりさん

 先日結婚いたしまして、現在ピチピチの新婚さんなのですが、さっそくやってしまいました。

 先日の夕食は、カレーでした。
 大阪出身のお嫁さんには、ふるさとの郷土料理、家庭でならい覚えた伝統の味だったかも知れません。インゲンやカボチャをたっぷり入れた夏野菜のカレーは絶品でした。ええ、ノロケですとも。
 さて、ついつい作りすぎて残ってしまうのがカレーの宿命です。そして二人とも、大食な方でもカレーに尋常ならざる執着を覚える方でもなかったため、「じゃあ、明日も夕食はカレーだね」とその日の食事を終えました。このとき、私たちは忘れていたのです。いまが夏と呼ばれる季節であることを・・・。

 翌日「♪昨日もカレー今日もカレー♪」などと鼻歌混じりに鍋の蓋を取ると、何やらカレーの表面が白っぽくなっているではありませんか。「冷えて脂が固まって浮いたのかな?」と自分自身を説得しつつ、その白い表面をすくって、試しに口に入れてみました。
 ・・・なんか、ニュルニュルしてる。
 どうやら何かがわいてしまったようです。
「止むをえん。捨ててしまおう。」苦渋に満ちた決断をするのは私の役割です。
 お嫁さんには何の責任もありません。もったいないおばけよ、化けて出るならオレだけにしろ。
 しかしながら、我々をもう一つの試練が待っていました。実はこの日の朝ゴミを捨ててきたばかり。次のゴミの日までは数日を待たねばなりません。
 いきなり出たか、もったいないおばけ、我々にあと何日か、この「昔カレーであったモノ」との共存を強制するとは。
 せめてもの救いは、台所のゴミ箱に蓋がついていたことでしょうか。さもなければ家の中じゅう「カレーに似たモノの臭い」に満たされて、私たちはすっかりカレー嫌いになってしまっていたことでしょう。

 ごめんね、インゲンやカボチャや豚肉のみんな、今度はきっと、粗末にはしないからね。

 ごめんなさい。これまた長文だったので、やや編集させてもらいました。
 出たな、いをりさん。またしてもノロケなのですね、あなたという人は。「ホヤホヤの新婚」という言い回しだってかなりなものなのに、あろうことか、「ピチピチの新婚さん」とは。まったく、けしからん。なんということかピチピチとは。羨ましいではないか。ああんなことや、こおんなことも、してたりするんでしょうか。きゃっ。いやらしい。いやんいやん。
「どうやら何かがわいてしまったようです」という一文が大変なことになっています。おいおい、冷静になってる場合じゃないでしょ、それ。
 でも、いいよね。愛があれば年の瀬なんて。←(C)うえだたみお

 (無題)

1998/6/30
ジャッキーさん

 先日、私、「LC630改造キット」なるものを購入いたしました。
 最近はマックもいっそう安くなって、G3だって20万円で買えてしまうわけですが、簡単に買い替えて東条の実家に古いマックばかり増やすわけにもいきませんし(親の目がありますから)、なにしろ603ev、20thアニバーサリーマックと同じってのが千両ではないですか。

 とりあえず私はシャツとパンツだけになって作業しました。裸でないところにまだ迷いがあるわけですが。マザーボードの交換は別に難しい作業ではありませんでした。隣で見ていた弟が「ファミコンのカセットみたい」と感想を漏らしたくらいです。しかしやっている本人はそれどころではありません。ネジを外す手が緊張のあまり震えたくらいです。私は、震える手でフタを元通り閉じて配線を行い、祈るような気持ちでパワーキーを押しました。

 聞きなれた起動音。いや、もとのLC630とは明らかに違う、オーケストラヒットの音です。画面がぱっと明るくなり、起動が始まりました。

 これで終わりだったらよかったのですが、ムービーの再生をテストしていて、私は妙なことに気がつきました。登場人物がやけに高い声でしゃべるのです。これには参りました。クロックが上がったせいで音の周波数まで上がってしまったのでしょうか。そう言えばエラー音の「Droplet」も「ポヨ」ではなくて「ピヨ」な感じになっています。「Wild Eep」は「い?」ではなくて「xイ?」という感じです。感じ出てますか。

 音だけのことなので、忘れて使っていればいいようなものなのですが、今現在、システムを入れ直したにもかかわらず、使い続けているとどんどん音が高くなってゆくのです。悪いときには「びーびーびー」という昔のアニメの警報のような音を出して止まらなくなります。まるで、マックが悲鳴をあげているかのようです。

 今は、多分ファンが止まっているかなにかで、熱暴走しているのだろうと思っているのですが、まだ何の手も打っていません。ボリュームを最低にすれば使えるからです。

 あまりダメ話でもなかったですね。

 ごめんなさい。かなりの長文だったので、割愛編集させてもらいました。
 文中に「東条」とあるのはこの方の出身地であり、そしてそれは私の郷里でもあります。胡瓜はありませんが。
「ご近所さんを探せ」ページでこの方と知り合ったのですが、同じ小学校中学校出身でした。私よりいくつかお若いようで、郷里にいたころに面識はないのですが。
 人口八千の田舎出身のくせして、お互いキースやらジャッキーやら怪し過ぎ。
 私もLC630は所有していますが、今のところタイマーでCDを鳴らす用途、すなわち目覚まし時計として使用しております。勿体ない勿体ない。
 それにしてもクロックが上がったため周波数まで上がるなんて漫画のようです。「ピヨ」はかなり感じが伝わってきます。
「あまりダメ話でもなかったですね。」とありますが、LC630を改造しようというのがかなりダメであると私は思いますよ。次は、初代一体型マック筐体にパワーマックを組み込むしかないでしょうね。
 しかし、同郷のものにページを見られているというのはかなり複雑な心境です。私の実家に「あなたの息子は嫁ももらわずに、日々こんなことしてますよ。ほら、『まんこマメ』だって」などと告げ口されやしまいか。どきどき。

 (無題)

1998/6/25
まっきーさん

 同僚とランチしながらの会話で、
「ちゃんこ鍋がなんたらかんたら」と言ったら聞き取れなかったみたいで
「えっ、まんこマメ」と大きな声で叫んでくれました。
 店内が静まり大量の視線を感じました。
 叫んだ本人は気付いてなくて、アタシ達は顔を赤くしましたちゃんこ鍋。
 コレを書いてるコト自体いちおー嫁入り前の娘なので恥ずかしいのであります。ではー。

 アンケート投票の傍らこういったエピソードをいただきました。
 それにしても、「ちゃんこ鍋」を「まんこマメ」とはいったいどういうことか。「まんこ」も「マメ」も大変まずい。
 あまつさえ、この方は女子の人である。
 しかし、私がもっとも惹かれたのは、
「アタシ達は顔を赤くしましたちゃんこ鍋」
 この日本文化の伝統に則った一文は、素晴らしい。高浜虚子も裸足で逃げ出します。
 参考までに、一度英語に翻訳してからもういちど和訳してみました。

  ああ我々をして
  赤面せしむるもの!
  一度は食べたい「まんこマメ」

 やはりどうしても誤訳が混入するようです。

初めてなのに

1998/6/15
いをりさん

 お初にお目にかかります。
 さて、突然ですが、私ことこの度新婚さんになることとなりました。てへへ。
 いや、ノロケをかまそうと思ったわけではないのですが。
 ともかく、妻になる人の実家にあいさつに伺うべく、東京駅から新幹線に乗り、大阪に向かうことになりました。私共の乗る予定の新幹線というのが、あの最新式の「500系のぞみ」でして、あの円筒状のボディ、鋭く伸びた両端部、思わず笑いがこぼれてしまうほどのかっこよさです。
 ついついホームの端まで歩いていって、しげしげとその「顔」を眺めてしまいました。そこで口をついて出た一言が、
「おいおい、いつの間に未来になっちまたんだ?」
 とはなるほど、あの電車は「未来鉄道」って感じですな。
 いやいや、新幹線にかこつけた未来話をしようと思ったのでもないのでした。
 新幹線をおりて彼女の実家に向かうにあたり、環状線を使おうとしたのですが、これがなかなか電車がやって来ない。アナウンスによると、どこやらで不発弾が出たとか。生まれて初めて来ましたが、大阪というのは恐ろしい街です。
 ところが彼女、どこをどう聞き違えたか、
「不発弾の処理」という構内放送を「ウサギ側の処理」と思ったとか。
 JR西日本では労働力としてウサギを大量雇用しているのでしょうか。労使交渉が決裂し、線路上に座り込んだウサギの組合員たちを、実力をもって強制排除しようとしているところなのでしょうか。
 大阪というのは、全くもって恐るべき街です。

 ……はて、私は一体、なんの話をしようとしているんでしたっけ?
 とりあえず、近日中に、二人揃ってダメ人間な新婚さんが一組、誕生するようです。

 はじめまして。大阪で伝統ある新婚さんへの挨拶をいたします。いらっしゃーい。
「不発弾」と「ウサギ側」というのは、かなり大胆な聞き間違えですね。恐れ入りました。奥様によろしくお伝えください。
 だいたい、JRでウサギを雇用しておるわけがないではありませんか。まあ、もっとも大阪には南海電車という私鉄がありまして、実は内緒ですがここではウサギを雇用しています。これがまた、真っ青なウサギでして、顔はやはり未来のような或いは鉄仮面のような。関西空港まで一直線です。ラビットα、ラビットβなどと呼んでおるようです。
 ……すみません。
 余談ですが、僕もお嫁さん欲しいッス。←をいをい。最近、かなりマジじゃねえか。

捜査一課の……

1998/3/24
にょしかわさん

 さて、ある日同僚が言いました。自分たちは営業の問いに因って、常に某かの製品を探しているのではないか、周辺機器課ではなく捜査一課なのではないかと。落ち着いて考えれば捜査一課の捜査は凶悪犯罪に限定されるので全くちがうのではありますが、キース様もご存知の通り、ダメ人間は面白そうな事があるとすぐに悪ノリするのですよ。悪ノリした結果の集積が自分を社会から遠ざけた一因であると知らずに……。
 私たちは捜査一課の基本は「復唱」であると看破致しました。あの、明らかに不自然な「復唱」こそ捜査一課に必要なものなのではないか、そのような議論でした。そこで面々から、この様な事をしてはどうかと言う話が持ち上がったのです。

「28800bpsのモデムで、ISA-BUS内蔵タイプってありますか?」
「何? ニッパッパのISA内蔵だって?!」

 何とも、馬鹿の所業と言わざるを得ません。しかしこれで私達が大笑いしたのも事実。そこで、いつかこれを使って何か書こうと思っていたのですよ。しかし、これに結び付ける有効な本題や前フリを見つけられず、いつしか私の記憶の中に埋もれてしまった内容なのでした。
 そうか……、説明かぁ。復唱と言う事の意味は説明に他ならないのだなぁ。

 ところで、先の「復唱」ですが、
「すみません、1024×768で1600万色のビデオカードって、何がありますか?」
「何? SVGAフルカラーのビデオカードだって?!」
「??。何やってんですか、にょしかわさん??」
「え?いや、ちょっとね……え、えーと、それならカノープスの……」
 以上、電話口の会話。なんだよぅ、君(電話の相手)なら、こんな洒落くらい解ってくれると思ったのにぃっ。
「しかし、にょしかわ。本当にやるとは思わなかったぞ。」
 これは同僚の言葉。何と、裏切り者の所業ではありませんか。しかし世間から見ると本当に実行する私と言うものが馬鹿なのでしょう。悟ってしまいましたよ、私ゃ。
 と言う事で私は、またも人間社会から遠ざかって行ったのでした。

 ごめんなさい。やや長かったんで一部省略しました。
 92回「説明」に対しての投稿をいただきました。「何。ゴジラが東京湾に出現したって」などは、特撮映画ではお馴染みの説明台詞でありますが、なんとにょしかわさん、実行なすったのですなあ。仕方ありませんよ。ダメ人間の大きな特徴として悪乗りしてしまうというのがあるのですから。人が冷めてるのに自分だけ熱中していたりなんかしてね。
 子供の頃、かくれんぼしててみんな飽きて、鬼の自分だけ抛ったかして帰ってしまったのに、気づかないで「えへへ。どこだあ」などと探しまわっていた記憶が蘇りました。ううむ、泣けるなあ。

 (無題)

1998/3/24
にょしかわさん

 歳の話、読みました。で、ダメ話を投稿します。

 いやぁ、以前に頂いたメールで「お互いに似たような人生を送っている」と言うご指摘がありましたが、何を隠そう、私も17歳の頃は酒飲んで煙草吸って麻雀やってました(本当)。そしてその後22歳まで同じような生活を送りました。

 23歳で形の上では社会人になったものの、休日は酒飲んで煙草吸って競馬と言うスタイル。むぅ。
 麻雀が競馬に変わっただけとは……。殆ど何も変わってない……。と言うよりも、「変わった部分」がまたもギャンブルであるところにダメさ加減を見たりもしますが。

 やっぱりダメ系の、しかも同い歳と言うのは人生においてコンフリクトを生じるものなのでしょうかねぇ……。ホームページ上でも似たような事してますしねぇ……。行く行くは文章で生計を立てたいと言う欲求まで一緒ですしねぇ……。しかも文章云々の話は周囲には「世迷言」と思われているところまで一緒ですしねぇ……。いや参ったなぁ、はっはっはっ。

 むぅ。笑っている場合ではないのですが。何しろ私も、もうすぐ30歳。

 久しぶりに投稿を戴きました。このにょしかわさんは、私と同い歳でありますが、上にあるようにそれ以外にも異常に共通点が多いという人であります。
 もしかしたら5歳のときに生き別れになった双子のお兄さんかもしれません。いや、そうに違いない。お兄さん、育ての親の狼のルパ子を覚えていますか。ほら、私はこうやって、「カレー」以外の言葉だって喋れるようになりましたよ。
 ああ、でもやっぱり人間社会には適応していない……。

 (無題)

1998/2/1
モゲオさん

 あのーモゲオなんですけどー。オジャマしますう。
 ギターの話がおもしろかったんで、ガマンできずに、また自慢をしに参りました。
 あのですねー、5年程前に話はさかのぼりますがあ、知り合いの家でライブビデオを見てたんです。そのビデオは67年のモンタレーでのオーティスレディングとジミヘンをカップリングしたビデオだったんです。私はそのビデオを見るなり「カッコエーがなー。ところで、こいつ誰?」と思いもよらぬ私の質問に『え、えー! ジミヘンやんかー。ジミヘンしらんの?』と、その知り合い(Y氏)にのけぞりながら驚かれてしまったのですが、そこはバカ正直者のわたくし、「ジミヘンてこいつかいな、いやー知らんかったなー。」という事で感激冷めやらぬまま、その次の日の夕方にはY氏がよく行くというギター屋の中で私は、キョロキョロしながら立っていました。目的は勿論、白黒のストラトの購入なんですが。
 私とギターとの関係というのは20年程前、近所の商店街のレコード屋さんで買った7000円のフォークギターで、「さがしものは何ですか、、見つけにくいものですか、まだまださがす気ですか、ウフッフー、サアーアー」と歌いながら”バシャバシャトントン”やってた3カ月間を除いてこの日まで何の関わりもなかった訳です。
 不思議なもんですねー店員には分かるんですねー私の過去が。店員はその時私の隣にいたY氏ばかり相手にして、私はかやの外。おまけに『触ったらちゃんと戻しておいて下さいね!』とキツイ口調で言われる有様。私はすっかり萎縮してしまって空中ばかり眺めてましたよ。まあ今考えると私のギターの触り方にその原因があったのかも知れません。なにせ、両足を揃えて、自慢のケツ出しポーズ(この時はちゃんとパンツもズボンも履いてましたが)で、ギターの胴の部分を両手で挟む様に掴みにいく、という動作ですし、それに背骨は緊張で反り返り、顔面はギターに異常接近、その距離は5センチもないという格好ですから、コソ泥か何かの様な扱いを受けても仕方ありません。
 結局、勇気を出して(フェンダーJのストラトを両手で掴んだまま)「すんませーん、コレ」その時Y氏は「もうちょっとちゃんと見た方がエエでー」とのアドバイスはあったんですが、「ええねん、ええねん、にいちゃんコレ!」で事を済まし、それからジミヘンに挑戦したんですが、それが無謀な行為であった事に気づくのに時間はかかりませんでした。その後ジミヘンのルーツに遡りブルースに傾倒し、ビデオを買いあさり、はたまたブライアンセッツアーに魅せられ”グレッチのカントリークラシック2の中古”を買い、そして挫折。やっぱりギターはアコースチックが基本と、逃げに入り、フェンダーの小ぶりのアコースチック(厳密に言えばエレアコ)で”カテリーナ”という名称なんですがこれはネックの先、ヘッドと言うんでしょうか? その形状がストラトと同じでスチール弦というまるでゲテモノの様なギターを購入。しばらくそれで遊んでいたんですが、アルバートコリンズを見て「いいなあ」という事で性懲りもなくテレキャスにも手を出す。という失敗を繰り返したんですが、これらのギターを買った時の私の言葉は全て「すんませーん、コレ!」の一言でした。
 まあ、私もそんな失敗の繰り返しのおかげで、自分に音楽的才能がない事を知ると同時に、ジャズ、フュージョン、ラテンなど、それまで私に無縁であった音楽の深さと魅力に触れる事ができ「よかった、よかった」と自分自身に言い聞かせるのに一苦労しました。
 ちなみに現在は血のにじむ様な努力と気迫で習得した「かにー食べいこおー、はりきっていこおー」と「さがしものはなんですかあー」の2曲を”チャリチャリ”弾いて自分を慰める日々を送っております。

 ちなみに私が初めて買ったエレキギターは黄色いテレキャスです。キース・リチャーズにあやかって。ところが周囲の人間は「ブルース・スプリングスティーンだ」などという始末。ちがわい、ちがわい、と言っていたものです。バンド仲間の結婚祝いにオベーションをプレゼントしたことがありますが、あれはなかなかいい色、いい音してたので、思えば勿体なかったかな。
 ジミヘンといえば、私も「歯で弾く」練習をしたことがありますが、いやあ、まいった。血みどろになります。

 (無題)

1998/1/1
モゲオさん

 新年が
 あけましたで
 おめでとうで
 ございますです。(何がめでたいのか、わかりませんが)
 テレビがつまらないので、つい股間に”スルスル”と手が行き、チンチンの先を”つまみ”メリーゴーランドと小声でつぶやきながらいじくりまわしたり。
”ケツ毛”を抜いたりの行為に興じていたのですが、どうも落ち着かず。
「いち二三四ー、にい二三四ー、さん二三四ー、よん」とラジオ体操1と2をワンセットを行ったんですが、それでも落ち着かないんで。
 しかたがないので、うっすら汗ばんだ指で今、キーボードをいじくってメールしているしだいです。(元旦早々、チンチンやケツ毛やとお。話し相手おらんのか!)『ハイ!』
 元旦早々メールとは。
 ガキの頃なら、近所の友達の家へ元旦から遊びに行く様なもんで、「非常識な子やなー、あんな×男と遊んだらあかんでえ、○男ちゃん。」
 と、お神酒の”つまみ”に(この”つまみ”はチンチンの先にたいするそれではなく、酒の”あて”という意味です)でもされてるところですが。

 紅白みました?(なんや。唐突に。)
『きしょくわるかったですねえ!小林幸子』
 超リアリズムですかねえ、それともシュルレアリズム? あれじゃ、細胞分裂の顕微鏡写真ですがな。ハハ!。
『”浮遊”してましたねえ!美川憲一。』
 まるで「……いのち、いのち、いのちがっけーよーン」でした。フンでもたれれば、死にかけの白い鳩やがな。
(そして、ここで、また話しが変わります)
”浮遊”といえば思い出しましたが、先日NHKのニュースをみてた時です。
 今日のヘッドラインというんですかねー、その日の主なニュースを画面いっぱいに項目ごとに羅列してあるやつ。
 その項目の頭の部分に、なんのマークか解りませんが、ハナクソの様なマークがあって、そのハナクソを下に向かってピョッ、ピョッ、ピョッとシフトさせながら、アナウンサーが読み上げるやつ、あれをボケーと観てると、その中の一つの項目に私は”ギョ”とし、我が目を疑いました。
 そのハナクソマークのあとに続けて。
『土井さん、衛星を手掴み』とあるではないですか。「えっ、えー」
「土井さん? ……あの土井さんが何で衛星を……?」
「手掴み〜?!!!」
 そうです、私は『土井たかこ』と勘違いしたんです。
 私の年代の人達にとって『土井さん』といえば『土井まさる』であって、でなければ『土井たか子』に決まってるんです。
 バカなやつになると『土井まさる』でストップですよ!
 日頃から、全国にひょとして住んでいるかもわからない”私の様なバカ”にでも解る様にと、気をつかってくれる、ごていねいなあのNHKが。よりによって、こんな初歩的ミスを。
 しかも、その後謝りもせず、ぬけシャーシャーと、今でも平気なツラでニュースを読んでいるではないですか。
  なんで、『土井まさる、土井たかこではない、土井さん、衛星を手掴み』とか、百歩譲って、『土井さん、衛星を手掴み』の頭にあるハナクソマークを下にずらし、次の項目として『上にある”土井”は土井まさるでも土井たかこでもなく宇宙飛行士の土井たかおさんです』とやれないんですかねえーほんとに。
 腹が立ってきたんで、このあたりで寝ます。

「元日早々」、ね。そういう使い方ですよね、普通は。
 紅白は見ていません。31日23時まで仕事でした……。
 それにしても「ハナクソうんぬん」の描写、何のことやらさっぱり伝わってきません。さっぱり分らないだけに妙に面白い。
「ぬけシャーシャー」は「ぬけぬけと」「しゃあしゃあと」のハイブリッドですね。
「土井さん」が宇宙飛行士であることを知らぬのは私をはじめダメ人間の特徴であります。あやしい人間を見たら「土井さんといえば」と尋問して見てください。「ええと、お料理教室、あるいはヒントでピント」と答えるとダメ人間です。

おじゃましますう。

1997/12/30
モゲオさん

 あの〜。
 ココは本物のダメ人間の為に開かれた場なんですよね〜。
 それとも、本当はダメでない人間がわざとダメぶって、本物のダメ人間を社会の隅に追いやる様な、そんな、そんな場所じゃあないですよねえ。
 ひょっとして私の様な、バカ正直者が(実は私バカ正直なんです。えー)ダメ話を公開してしまった後で「こいつアホちゃうか」やら「ダメとバカを、いっしょくたんにしとるで、え〜」とか罵倒し、さんざん血祭りに揚げた後、はじき出す様な、そんな、そんな場所だったりしてえ〜。
 お願いですからやめて下さいよそんな事。
 えー。
 それでは始めます。えーあれは20年以上前のことでした。
 中学1年の時(東大阪の玉川中学なんですがね。えー)クラブの同級生の家に集まって遊んでたんです。その頃の遊びといえばそーですねー。
 たとえば、たとえばですよ。畳にウンポの先っちょをこすりつけたりだとかあ、雑誌の裏の、フェザーカミソリの替刃の広告をながら、早出し競争(これは自慰行為の競い合いの事です。えっ)なんかに興じたりして、脳内ではドーパミンがシナプス間を忙しく往復してる感じっていうんですか。
 まあ、ありきたりの遊びですがね。
 そんなこんなで一段落ついて、うなだれていた時急に、毛の話になりましね
 毛といえばシリ毛、(ケツ毛とも呼びますが)ですよね。
 その時は、私だけが生やしてたんですよ〜えー。
 それから話題はその一点、つまり私の生やしてるケツ毛に集中しまして、得意げに話す私に、その中の一人が『それ肛門の周りに生えてる毛やから、モン毛ちゃうのん』『そや、そや、モン毛やあ』『モン毛やてー』『なに、なにモンゲー』照れる私を指差して、『モンゲ』の大合唱で、その場には再び活気が満ち溢れてきたんです。それが私の脳内のイチビリ中枢を刺激したんでしょう、その時私は立ち上がりそして背を向け、いや尻を向け、脚を開き前かがみになり(その時観衆は私の視野からはずれ、背後で寄り添いながら、はやくも団子状態)、薄汚れたパンツを下げ、その集団にケツ毛をかざしつつ、嬉しさに歪む顔を制しながら『モンゲ〜〜』『もしとつおまけに、モ』と始めた時です。その観衆達は、まるで早送りの様に、背後から私の眼前にあるフスマを開け放ち、倒れる様にその部屋から出て行ったのです。とっさの事で一瞬ひるみましたが、途中でやめる訳にいかず、続けて『ンゲ〜』(フェイドアウトぎみでしたが)と言い放ったんです。
 満足感と同時にやはり不安ですので、ピュッと振り返ると友達のおやじさんが、仁王立ち(厳密にいうと、左足は部屋の中、右足は階段の一段目で腕組というちょっと不安定なポーズ)で、ばつの悪そうな”笑み”と鬼の様な”真顔”が、交互に2回程往復した表情は、真顔の部分で停止し、2秒間程ストップモーション、息ができない真空状態。よくあるでしょうライオンがヌーかなんかの子供を襲う直前の空白の様な、あの感じですわ。『おまえなにしてんねん!?』『あほなことしてんと勉強でもせー』”ボコッ”と、さし出したデコを強打され、首の骨が外れたかと思いましたよ。ホント。で! それ以降モゲオと呼ばれています。

 こんな私ですが、見捨てないで下さい。
 大丈夫ですよねー。

 ようやくまともな投稿をいただきました。まあ、まともといっても「まともなダメ人間」さんですが。
 いったい、まともなダメ人間というのは、まともなのでしょうか、ダメなのでしょうか。
「大丈夫ですよねー」とありますが、恐らくちっとも大丈夫ではないと思います。でもでも、大丈夫じゃなくっても大丈夫ですから。


戻る − トップページ


文責:keith中村
webmaster@sorekika.com