第164回 世界は広い


 やはりインターネットというものは奥が深い。まさに玉石混淆、ここにはあらゆるものが存在する。中でも私がすごいと感じるのがインターネット上のカタログ販売、いわゆるオンライン・ショッピングというやつである。
 すばらしいことに、ここでは我々が普段想像もしないようなものすら販売されているのである。たとえば、「納豆ルネッサンスfrom松阪」というものがある。三重県の食品会社が販売する納豆である。納豆なのである。
 だのに、ルネッサンスなのである。いったいどういう具合になっているのだろう。ページにはいかにこの納豆が凄いのかということが長々と紹介されているのだが、少し引用してみる。まず「ルネッサンスとは文明回帰革命、つまり、昔の素晴らしいところを見つめ直し、さらに、現代のエッセンスを加えて革新していくことです」とある。納豆の宣伝でいきなりルネッサンスの説明が始まっているのだ。ただごとではない。さらにこう続く。「納豆で表現してみますと、コマーシャリズムにより構築された、小粒納豆主流の現代に、大豆本来の甘味・旨みを色濃く残す大粒納豆を守り続け、小粒納豆ののどごしの良さより、あえて今の人類が忘れかけている、強く咀嚼することを提案し、かけがえのない農作物・手のぬくもりが伝わる作り方を伝えていくことなのです」
 ああ。なんだか、ものすごいことになっている。「納豆で表現してみますと」かなりなことになっている。ルネッサンスを納豆で表現してしまったのだ。どうやらこの納豆はコマーシャリズムに毒された現代人に警鐘を鳴らす目的で開発されたようなのだ。納豆なのに。
 キャットポスト、という製品がある。写真が添えられているが、工事現場に置いてあるコーンというのかあの円錐状の物体の頭を幾分切り詰めたような円錐台の形をしており、色は灰色。これだけでは何に使うものやらさっぱりわからない。たった一行だけ説明がある。「ネコちゃんが大変喜ぶ爪研ぎ」なるほど。世の中にはいろいろなものがある。ネコちゃん、か。
 こうした中で私の興味を著しくひきつけたものが「金属探知機」の通信販売である。ギャレット社というアメリカの金属探知機製造会社のページであった。
 さあ。金属探知機だ。いったい何に使うのか。そう思いながらとりあえず紹介文を読んでみた。「日本にはまだまだ多くの埋蔵金などの財宝が、誰にも見つからずに眠っております。これらは、金属であることが多いので、金属探知機で探すのが効果的です」
 ん。埋蔵金探し。そういうことだったのか。そういうあれに使用する目的であったのか。しかし、それほどに需要があるのか。ページには、この会社の製品が写真入りでたくさん紹介されている。形状は、雑草を刈る道具で柄のついた回転のこぎりがあるが、あれに酷似している。それにしても、そんなに種類があって何が違うというのだろう。
 とりあえず、順番に見てゆくことにしたのだが、どれもこれも名前がものすごい。「GTI2000」「マスター・ハンター」「トレジャー・エース」「フリーダム・エース」「フリーダム・エース・プラス」。
 手始めに「GTI2000」というのを見てみる。説明がまたすごい。「GTI2000は、どの金属探知機よりも速く、そして正確に宝物を探し出すことができます。現在ギャレット社の金属探知機にあるマイクロプロセッサーは当然のこと、デジタル・シグナル・プロセシング(DSP)を搭載し、処理能力を向上させました。そして、トレジャー・ビジョン・スクリーンが瞬時に、よりカラフルに、よりグラフィカルに埋められている金属の大きさや、深さなどを教えてくれます。さらに、コイルもこの機種専用のものになりました」
 もう、何が何やらちっともわからないが、とにかく凄いことだけは判る。そりゃ凄いわ。
 だが、これくらいで驚いていてはいけない。仕様欄にある「主な機能」にはこんな風に列挙されているのだ。「グラフィックターゲットイメージング(GTI)、グラフィックターゲットアナライザー(GTA)、マイクロプロセッサー/デジタル・シグナル・プロセシング、ターゲット選択、ターゲットカスタム登録、5ディスクリミネートモード、音声出力、深度調節、グランドバランス自動設定機能」
 いったい何だ、それは。やはり、判る人には判るのだろうか。「やっぱ5ディスクリミネートモードがなくっちゃ、村上水軍の埋蔵金は捜索できねえよな」とか「グランドバランス自動設定機能があるから、家康の埋蔵金だって安心だよね」とか、そういうあれでもあるのだろうか。他の製品の紹介も読んでみたが素人の私には個々の違いがさっぱり判らない。
 スコーピオン・ゴールド・スティンガー。プロレスの技ではない。これもやはりギャレット社の製品である。なんという格好いい名前だ。しかしもっとすごいのはこの製品に添えられた紹介だ。
「金塊を探しているが見つからない皆様、これから財宝探しを考えておられる皆様には、是非、お勧めしたい一品です」
 大丈夫なのだろうか。「金塊を探しているが見つからない皆様」というのもちょっとどうかしていると思うが、「これから財宝探しを考えておられる皆様」というのもこれでいいのだろうか。
 よく判らないが、世界というものは私の想像以上に広いようだ。


新着順一覧 − 日付順一覧 − 前を読む − 次を読む − トップページ


1998/09/29
文責:keith中村
webmaster@sorekika.com